ウズベキスタン国旗 ウズベキスタンの料理

ウズベキスタン共和国 Uzbekistan | アジア  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


サマルカンド・ポロ
サマルカンド・プロフ

シルクロードの中継地の料理

中央アジアにある、かつてソビエト連邦に属していた国ウズベキスタン。国土のほとんどは乾燥地帯ですが、中央部には古代からオアシスがあり、東西交易路シルクロードの中継地として栄えてきました。現在はウズベク人をはじめ、少数民族が多数暮らし、またイスラム教徒の多い国です。
アジア
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
ウズベキスタン
ウズベキスタン

ウズベキスタン地図ウズベク人は他の中央アジアの国々の遊牧民とは違い、オアシスと肥沃な谷に定住して穀物を栽培したり、家畜を飼ってきました。羊肉をはじめ、牛肉や馬肉を食べますが、他国の遊牧民が食べるらくだや山羊の肉はウズベキスタンでは一般的ではありません。

食材は季節によって変わりますが、夏は果物や野菜、ナッツが豊富に実るシーズン。ぶどうやメロン、スイカ、アプリコット、ナシ、りんご、さくらんぼ、ざくろ、それにラディッシュやにんじん、かぼちゃ、ナス、カブ、きゅうり、とうがらし、トマトなどが収穫され、フレッシュなまま料理に使われます。

冬はドライフルーツや保存野菜を使い、ヨーグルトで味付けしたスープ麺のウグラなど、麺類も寒い時期に食べます。

クミンやコリアンダー、ごま、少々のとうがらし、コリアンダー、パセリ、そしてワインビネガーで味を調えるウズベキスタンの料理は、味わいはあっても辛くはありません。 主な料理は、シュルヴァマスタヴァといった羊肉入りのスープやたねを入れないパン、ケバブ(シャシリク)、ピロシキのようなサムサプロフ(ポロ)と呼ばれる炊き込みご飯(サマルカンド・プロフが有名)など。プロフの種類はたくさんあり、たとえばシルクロードの中心都市であるサマルカンドでは、羊肉とひよこ豆とにんじん、クミンなどを使った炊き込みご飯(サマルカンド・ポロ)が食べられています。また、ソ連時代にロシアから伝わったザクースキと呼ばれる前菜も定着しています。

酪農製品も豊富。タシケントやサマルカンドの田舎では馬乳、トルクメニスタンの国境周辺ではラクダの乳、またフェルガナやスルハンダリでは羊の乳がよく使われます。カティク(Katyk)というヨーグルトや、スズィマ(Suzma)というカッテージチーズのようなチーズなどは、サラダやスープのエッセンスとしても使われます。

ところでウズベキスタンや他の中央アジアの国にはソ連の時代に強制移住させられた少数の朝鮮民族(高麗人)が今も暮らしており、韓国・朝鮮料理が食べられています。

ポピュラーな飲み物はチョーイ(お茶)。紅茶は首都のタシケントで好まれ、緑茶はお客様のおもてなしに欠かせません。ウズベキスタンでは喫茶店のことをチョイホナ(Choyhona=チャイハネ)といい、じゅうたんを敷いた低いテーブルのフロアは、人々が集まっておしゃべりを楽しむ社交の場としての役割を果たしています。ほかに冷茶やチャロープも昔から親しまれてきた飲料です。


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、世界の料理レシピ・ミュージアム館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、料理講師、レシピ開発のほか、在日大使館や大使公邸などでのシェフとしても活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→ メールフォーム




profile
カスタム検索
ウズベキスタン
面積 44.74万k㎡
人口 約2470万人
首都 タシケント Tasikent
住民 ウズベク人80%、ロシア人5.5%、タジク人5%、カザフ人3%、カラカルパク人2.5%、朝鮮民族1%
言語 トルコ系のウズベク語
宗教 イスラム教スンニ派、ロシア正教
建国 1991年9月1日 (ソビエト連邦より独立)


サマルカンド
ウズベキスタンの都市サマルカンドは、シルクロードの要衝として栄えた街。東西の文化が融合する、エキゾチックなところです。


■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加