イギリス国旗 イギリスの料理

グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国
United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland | ヨーロッパ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


イングリッシュ・ブレックファースト
イングリッシュ・ブレックファースト

新鮮な食材に恵まれた国

「イギリスの料理はまずい」。イギリスに旅行した人がよく口にする言葉です。またはかつてイギリスの作家サマセット・モームは、「イギリスでおいしい料理にありつきたかったら、朝食を3回食べるのがよい」という言葉を残しています。確かに、味が単調だったり、ロンドン市内の観光地にあるレストランやパブなどでは、ゆで過ぎ、焼きすぎといった過剰な調理するところが少なくないようです。
ヨーロッパ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
イギリス
イギリス

イギリス全図けれどもイギリスは、四方を海に囲まれているので魚介類が豊富にとれるし、内陸では牧畜や農作も盛ん。野いちごなどの野生・また果樹園で育った果物の種類たくさんあります。本来は、新鮮な食材に恵まれた国なのです。ベーコンや目玉焼き、マッシュルームなどを添えたたっぷりの朝食は、イギリスならではのもの。豊かな食材をシンプルに調理したイギリス料理の魅力、おいしさは、街中のパブやレストランよりも、各家庭で作られる料理を味わうことで実感できるはずです。

また、かつての植民地インドから今も良質のスパイスが入ることから、インド料理のおいしさは昔から格別ですし、最近はロンドンにもイギリス出身のゴードン・ラムゼイのようなスターシェフのミシュラン3つ星レストランが複数登場。「まずい」という汚名も返上できそうな勢いだと思うのですが...。

イギリスは、正式名を"連合王国"というくらいですから、もともと独立国イングランドやスコットランド、ウェールズなど、各地域によって食文化も違います。同じイングランドの中でも東西南北のエリアで料理の特色が異なります。

イングランド東部
大学で有名なイングランド東部のケンブリッジでは、野鴨やガチョウのロースト、ハムやベーコンがポピュラー。フィジェット・パイという、リンゴとタマネギを交互に重ねたパイが名物です。ロンドンからドーヴァー海峡に向かった南部では、魚が豊富。ドーヴァー海峡でとれる"ドーヴァーソール"(舌ビラメ)が特に有名です。

イングランド西部
また、西部のコーンウォール州あたりは酪農が盛ん。スコーンに欠かせない濃厚なクローテッド・クリームの産地で、チェダーチーズで有名な都市チェダーがあるのも、このエリアです。さらに北部では、羊の放牧が盛んで、ラムまたはマトンにたまねぎやじゃがいもを何層にも重ねて焼いたランカシャー・ポットという名物料理があります。海岸沿いでは漁業も盛んで、イギリス料理としてよく知られるフィッシュ・アンド・チップスや、ローストビーフの付け合せに欠かせないヨークシャー・プディングは、この地方で誕生しました。

ウェールズ、スコットランド、北アイルランド
ウェールズでは、羊の放牧と、乳牛の飼育が盛んで、チーズを使った料理がいろいろあります。

また、ケルト民族の地・スコットランドは、世界のグルメをうならせる、スモークサーモンとアンガス・ビーフの産地。アンガスのローストビーフなんて、最高です。羊の内臓にオートミールを混ぜ、羊の胃袋に入れて煮込んだハギスが郷土料理としてよく知られています。

アイルランド共和国と地続きの北アイルランドは、スコットランドと同じケルト民族の土地で、かのギネスビールを使ったビーフのギネスシチューや、羊肉とじゃがいも、たまねぎを煮込んだ素朴なアイリッシュ・シチューなどがポピュラーです。

→家庭のデザート、シナモン味のりんごのプディング レシピ

イギリスのお菓子類
スコーンは、イギリス式ティータイムには欠かせないお菓子。真ん中から二つに割ってクロテッド・クリーム(ジャージー種の乳牛の乳脂肪分の高いクリーム)やジャムを塗って食べるのがポピュラーだそうです。

イギリスの料理は一般にまずいとよく言われますが、お菓子は文句なしにおいしいものが多いようです。代表的なのはパイやプディング類(前者はアップル・パイやレモン・メレンゲ・パイ、後者はマーマレード・プディングやクリスマス・プディングなどが有名)。

濃い牛乳で作ったアイスクリーム、新鮮なベリーなどの果物で作ったジャムも美味です。パイやプディングには、肉などを使った料理もあります。


■参考文献
イギリス料理(タイムライフ)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習を行う際にお役に立てるよう公開しているものです。
 無許可での転用・転載はご遠慮ください。特に無断での情報の商業利用は固くお断りします。


※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→メールフォーム



author

※上記のリンク情報は、個人の方々に世界の料理の魅力を広く知っていただくことを目的に制作したリストです。
  無断転用・転載はご遠慮ください。特に無断での商業利用は固くお断りします。

カスタム検索
イギリス
面積24万4,100k㎡
人口約6,000万人
首都ロンドン London
住民アングロサクソン人が主。ケルト人(スコットランド、ウェールズ)、英連邦からの有色人種移民
言語英語、ウェールズ語、ゲール語
宗教キリスト教(うち英国教会派50%、カトリック、スコットランド教会、メソジスト、バプティスト)、イスラム教、ユダヤ教
建国1801年連合王国成立


ロンドン
シングル20ポンドの宿を見つけました。シャワー、トイレ共同ですが朝食付きでアールズコート駅から歩いて5分もかかりません。快適ですよ。 (イギリス~ロンドンにて)


■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加