アラブ首長国連邦国旗 アラブ首長国連邦の料理

アラブ首長国連邦 United Arab Emirates | 中東  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


アラブ風シーフード炊き込みごはん
アラブ風シーフード炊き込みごはん

ベドウィンのしきたりが息づく伝統料理も


アラビア半島のペルシャ湾沿岸にある、7つの首長国からなるアラブ首長国連邦。国土の大部分は砂漠でありながら、近年は、ドバイがアジアと中東、アフリカを結ぶ航空路の中継都市として、また石油の収入による豊かさを象徴するショッピング天国、高級リゾート地として脚光を浴びる国です。
中東
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
アラブ首長国連邦
アラブ首長国連邦

アラブ首長国連邦地図かつては、ペルシャ湾を蛇行するヨーロッパの船を襲い、海賊としておそれられたアラブ部族の首長国も、今では、石油の豊かさを求めて出稼ぎにきたインドやパキスタン、フィリピン人らが、もとから住んでいるアラブ人を上回る国際的な国になりました。

ドバイのホテルやレストランなどは、まさにインターナショナルで近代的。カレーやビリヤニなどを出すインド料理や、メゼやタブーラ(パセリのサラダ)などを提供するレバノン料理店、またアメリカのファーストフード店はアラブ人にも人気ですが、その一方で、砂漠の遊牧民のしきたりが息づくアラブの伝統料理が残っています。

たとえば、マンサフという仔羊の丸焼きにスパイスで味付けしたごはんを添えた料理。この料理は大皿に盛り付けられ、食事を共にする人々がそれを自由に取り分けられます。海岸地帯ではシーフードもよく食べられ、スパイスの味付けごはんとともに調理されます。また、海に面していることから魚介を使った料理も。特にエビは特産で、ムラビヤンという、エビの炒めものをごはんに乗せて食べる料理もあります。

また松の実、クルミ、アーモンドのほか、ナツメヤシの実(デーツ)なども。特にナツメヤシの実は、ドバイの空港のショッピングエリアの一角でもブランドごとにうず高く積まれて販売されるなど、非常にポピュラーです。

また市内の古い市場では、シナモンやとうがらし、パプリカといったスパイスが、昔ながらの紙円錐で売られています。

食後はガハワ(Ghawha)と呼ばれる、カルダモンやクローブで風味づけした、どろっとしたアラビアコーヒーが欠かせません。ガハワは、町の小さな商店から首長の豪華な食事まで、いたるところで提供されます。


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸なのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→メールフォーム




カスタム検索
アラブ首長国連邦
面積83,600km2 
人口404.1万人(2003年)
首都アブダビ Abdabi (アブダビ、ドバイ、シャールジャ、アジュマーン、ウンム・アル=カイワイン、フジャイラの6つの首長国から構成される)
住民アラブ人
言語アラビア語
宗教イスラム教
建国1971年12月2日 (イギリスより独立)


アラブ
ドバイの空港は24時間営業。お堅いイスラム国の印象をくつがえすような、西洋的でオープンな雰囲気です。免税品店はヨーロッパの逸品にあふれ、女性も顔を隠していたりしません。

でも、金ぴかなディスプレイと、巨大なナツメヤシの木がアラブ風です。


■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加