スイス国旗 スイスの料理

スイス連邦 Swiss Confederation | ヨーロッパ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


ラクレット
ラクレット

アルプスの山々に囲まれた、チーズ料理のおいしい国

フランス、ドイツ、イタリア、オーストリアと国境を接したスイスは、さまざまな文化背景を持つ住民で構成された多民族国家。大きな国ではありませんが、料理にも地域ごとに、隣接国の影響を受けたさまざまな特色があります。イタリアのパスタもあれば、ドイツのハムやザワークラウトもある、といった具合です。
ヨーロッパ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
スイス
スイス

スイス地図こんな事情から、逆に、スイスらしい料理というのはほとんどないようですが、チーズだけは別。国土の70%ほどがアルプスの山岳地帯で、長く厳しい冬を乗り越えるための重要なエネルギー源として、チーズが重宝されたのです。フランスに近い村の名前がつけられた、芳醇な風味の硬質チーズグリュイエールや、エメンタール(よく漫画でネズミがかじっている、ぽこぽこと穴のあいたチーズ)などがよく知られています。

そして、このチーズを使ったチーズ・フォンデュー(フォンデューは、フランス語のfondre=溶かすに由来)は、まさにスイスを代表する料理。カケロンと呼ばれる鍋を熱し、白ワインにレモン、ニンニクを加えて温め、そこにエメンタールやグリュイエール・チーズを削りながら入れて溶かして作るのが本場式。そこに、小さく切った白いパンを串やフォークに刺して、鍋のチーズに浸していただきます。チーズフォンデュには、家庭や地方によってさまざまなバリエーションがあります。

また、じゃがいもやハムに溶かしたチーズを乗せて食べるラクレットという料理も。こちらも、日本の鍋料理やすき焼きと同じように、みんなで食卓を囲んで楽しむスタイルの食事といえます。とても簡単に作れるので、日本の家庭でトライしてみるのもおすすめ。

飲み物は、スイスでは紅茶よりもコーヒーやココアがポピュラー。かの「ネスレ」の本社もスイスにありますね。そして、「リンツ」に代表される、高品質なスイスのチョコレートも世界的に知られています。そう、ココアに新鮮なミルクを混ぜた板状のチョコレートを発明したのは、スイス人だったのです。


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸なのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→メールフォーム




カスタム検索
スイス
面積4万1,284k㎡
人口約710万人
首都ベルン Bern
住民ドイツ系、フランス系、イタリア系、ロマンシュ系
言語ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語
宗教カトリック、プロテスタント
建国1291年8月1日、1648年10月24日独立宣言


スイス
アルプスの山々に囲まれた国スイス。その美しい風景には、心洗われる思いがします。


■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加