セントルシア国旗 セントルシアの料理

セントルシア Saint Lucia | カリブ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


アフリカにフランス、イギリスの影響が混ざった料理

アメリカ大陸の”発見者”クリストファー・コロンブスが16世紀の初頭にこの島に初めて訪れたのが、カトリックの聖ルチア(サンタルチア)だったことから、島の名前がつけられたという、カリブ海の島国セントルシア。住民の90%がアフリカ系という旧イギリス領の国ですが、それ以前に100年ほどフランスの植民地だったため、英語のほか、今でもフランス語を元にしたパトワ語(クレオール語)が話されています。

北中米・カリブ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
セントルシア
セントルシア

セントルシア地図セントルシアには、初期にアメリカ先住民のアラワク族が暮らし、またフランス人やイギリス人、奴隷としてアフリカからやってきた人々の伝統が混ざって、クレオール文化が形成されました。

火山島である土壌は肥沃で、主要産業のバナナの栽培をはじめ、マンゴー、パパイア、パイナップル、グアバ、パッションフルーツとしたトロピカルフルーツが育ち、また魚やロブスター、ランビという巻貝などの魚介類やキャッサバ、タロいも、ココナッツ、パンの木の実、さつまいもなど食材が豊富。これらを使ったペッパーポットシチューや、カリブの青菜カラルーのスープ、ジャックフィッシュのフライといった料理がよく食べられています。 また、典型的なヨーロッパやアフリカのミックス料理クレオール・フィッシュシチューといった料理も。

飲み物はビールとラム酒。ラム酒はパンチやカクテルとして飲まれることが多いようです。


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→ メールフォーム




profile
カスタム検索
セントルシア
面積 616km2
人口 約14.9万人
首都 カストリーズ Castries
住民 アフリカ系90%、混血6%、インド系3%、ヨーロッパ系1%
言語 英語
宗教 英国国教会、カトリック
建国 1979年2月22日 (イギリスより独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加