セントクリストファー・ネイビス国旗 セントクリストファー・ネイビスの料理

セントクリストファー・ネイビス(セントキッツ・ネイビス)
St. Christopher and Navis | カリブ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


ヨーロッパとアフリカの混血文化

カリブ海の西インド諸島にある、元イギリス領のセントクリストファー島とネイビス島という2つの島がひとつの国になって1983年に独立した、セントクリストファー・ネイビス。両島合わせて300平方メートル足らずの小さな国土ながらも、白い砂浜や熱帯雨林など豊かな自然に恵まれており、セントクリストファー島にある国立公園のブリムストーン・ヒル要塞は世界遺産にも登録されています。
北中米・カリブ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
セントクリストファー・ネイビス
セントクリストファー・ネイビス

セントクリストファー・ネイビス地図セントクリストファー島とネイビス島には、奴隷の子孫であるアフリカ系の人々が多くおり、またアフリカ系とスペイン、イギリスなどヨーロッパ人とのクレオール(混血)や、労働者としてやってきたインド人らも暮らしています。

料理も彼らの文化がミックスしたもので、島では仔豚の丸焼きや、魚、コンク貝(調理例:コンク貝のフリッター)、ロブスター、カニなどのシーフードのグリル、じゃがいもやひよこ豆、肉の入った汁なしカレーを薄いチャパティで包んだ、インド料理がもとになったロティペラウ(Pelau)という、スペインのパエリヤのような炊き込みご飯、亀や山羊のシチュー、パンの木の実、トロピカルフルーツなどが食べられています。

ドリンクでは、さとうきびの蒸留酒や、ベルモント・エステート(Belmont Estate)、ブラインドリー・ゴールド(Brinley Gold)といったラム酒の地酒が製造されています。


■参考文献


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習を行う際にお役に立てるよう公開しているものです。
 無許可での転用・転載はご遠慮ください。特に無断での情報の商業利用は固くお断りします。


※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→メールフォーム



author

※上記のリンク情報は、個人の方々に世界の料理の魅力を広く知っていただくことを目的に制作したリストです。無断転用・転載はご遠慮ください。
  特に無断での商業利用は固くお断りします。

カスタム検索
セントクリストファー・ネイビス
面積 262km2
人口 約46,710人
首都 バセテール Basseterre
住民 アフリカ系が大半を占める
言語 英語
宗教 カトリック、他に英国国教会等
建国 1983年9月19日 (イギリスより独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加