南スーダン国旗 南スーダンの料理

南スーダン共和国 Republic of South Sudan | アフリカ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


アフリカでもっとも新しい国

2011年7月に、住民投票によりアフリカの53番目の国としてスーダンより独立した南スーダン。アラブ系のイスラム教徒が多い北部に対して、南部はキリスト教やアミニズムを信仰する土着部族の多い地域で、同じ国内でも、もともと文化背景が違っていました。Sudanにはアラビア語で「黒い人」という意味があり、南部の方が本来その名にふさわしいということで、南スーダンという国名に決定したといいます。また、熱帯雨林のある多湿な熱帯気候であり、砂漠地帯の多い北部とは気候も異なります。
アフリカ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
南スーダン
南スーダン

南スーダン地図スーダンは南北とも古来より、多くの国と国境を接していることから、さまざまな外来文化が伝わってきました。南部はエチオピアやケニアの影響が強く、それらの国々と共通した料理もたくさんあります。

多くの川や湿地帯が広がって、動植物や魚の種類がたくさんあり、本来はスーダンの中でも食の豊かなエリア。アシーダ一緒に、カジャイク(Kajaik)という干魚の入ったシチューや、モロヘイヤスープ、ケニアなどと共通するニャマ・チョマなどがよく食べられています。

また飲み物は、アラギ(Aragi)という、もろこし(コウリャン)やなつめやしの実などから作られる、非イスラム教徒が楽しむ強いお酒がポピュラーです。


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→ メールフォーム




profile
カスタム検索
面積 619,745km²
人口 約826万人
首都 ジュバ
住民
言語
宗教
建国 2011年7月9日 (スーダンより独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加