ソロモン諸島 国旗 ソロモン諸島の料理

ソロモン諸島 Solomon Islands | オセアニア  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


ココナッツクマラ
ココナッツ・クマラ

メラネシア系の素朴な料理

南太平洋・メラネシアのニューギニアの東にある、およそ100の島々からなるソロモン諸島共和国。首都はガダルカナル島の北部にあるホニアラ。イギリス、日本、アメリカの植民地時代を経験し、第二次世界大戦中は米軍・日本軍の激戦地でした。熱帯雨林と火山島が多く、メラネシア系住民を主として、現在は、英連邦に属する国です。
オセアニア
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
ソロモン諸島
ソロモン諸島

ソロモン地図ソロモン諸島はイギリス人がやってくる前に、16世紀にスペイン人によって発見されました。スペイン人たちは原住民に牛を飼うことを教え、アメリカ大陸が起源のキャッサバを伝えたといいます。19世紀に入ってイギリス領になると、ソロモン諸島では本格的に農業と漁業が行なわれ、ココナッツやキャッサバ、さつまいも、パンの木の実(ハワイやサモアなどと同様、現地ではウル(Ulu)と呼ばれる)、果物や野菜が栽培されるようになりました。

イギリスや、インドネシアなどアジアの影響を受けたと思われる調理法で、魚や肉、お米やキャッサバなどを焼いたり、ゆでたり、揚げたりして食べます。特にパンの木の実はいろいろな料理の付け合せにされます。ココナッツミルクで煮たさつまいものココナッツ・クマラなど、素朴な料理が多いようです。またキャッサバやココナツミルクという現地の食べ物に、イギリス植民地時代にイギリス海軍の食べ物だったコンビーフをバナナの葉に包んで蒸した、カラという、比較的新しい料理もあります。

バナナとさまざまなトロピカルフルーツを混ぜ、キャッサバにくるみ、ホィップクリームやカラメルをかけて食べるちょっと凝ったデザートもポピュラーです。


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、世界の料理レシピ・ミュージアム館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、料理講師、レシピ開発のほか、在日大使館や大使公邸などでのシェフとしても活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→ メールフォーム




profile
カスタム検索
ソロモン諸島
面積 2万9,785km2
人口 約47.1万人
首都 ホニアラ Honiara
住民 メラネシア系(約94%)が主で、その他ポリネシア系、ミクロネシア系、ヨーロッパ系、中国系
言語 英語(公用語)、ビジン英語(共通語)
宗教 人口の95%以上がキリスト教
建国 1978年7月7日 (イギリスより独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加