スロバキア国旗 スロバキアの料理

スロバキア(スロヴァキア)共和国 Slovak Republic | ヨーロッパ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


スロバキアのグヤーシュ
具だくさんなスロバキアのグヤーシュ

ハンガリーやオーストリア、スラブの影響を受けた料理

チェコやポーランド、ウクライナ、ハンガリー、オーストリアに囲まれた中央ヨーロッパのスロバキア。国土の1/3を森林に覆われた緑多きこの国は、かつてはハンガリー王国の一部であり、その伝統は、ハンガリーをはじめ、スラブ、オーストリア、ドイツ、そして1993に分割されたチェコの影響を受けてきました。
ヨーロッパ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
スロバキア
スロバキア

スロバキア地図スロバキアの料理は、地方によって特色があります。たとえば南部ではハンガリー料理によく似ていていて、パプリカを使ったグヤーシュというスープがポピュラー。またオーストリアに近い西部では、シュニッツェル(カツレツ)、ソーセージ、サワークラウト(酢漬けキャベツ)がよく食べられています。

川魚のマスやコイも人気で、クリスマスに肉食を禁じているカトリック教徒が多いため、特にクリスマス・シーズンには、マスやコイの料理が食卓を飾ることが多いようです。

スロバキアにはスープ料理の種類がたくさんあります。中でももっとも有名なのは、カプストニカ(Kapustnica)という燻製の豚肉ソーセージ、キャベツ、きのこの入った温かいスープ。このスープは、じゃがいもを主原料にしたハルシュキブリンゾヴェー・ハルシュキ)というお団子や、羊のチーズのお団子と一緒に供されます。

一方、チェコと同様、スロバキアで人気の飲み物といえば、ビール。Golden PheasantやTopvar、Corgonといったブランドがあり、輸出もされています。ほかには、ボロヴィッカ(Borovicka)というドライジンに似たジュニパーで風味づけしたブランデーや、スリヴォヴィカ(Slivovica)というプラムのブランデー、また東南部ではワインも造られており、これも海外に輸出されています。


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→ メールフォーム




profile
カスタム検索
スロバキア
面積 49,035km2
人口 約541.0万人
首都 ブラチスラバ Bratislava
住民 スロバキア人85.6%、ハンガリー人10.5%
言語 スロバキア語
宗教 カトリック60%、無信仰9%
建国 1993年1月1日




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加