シエラレオネ国旗 シエラレオネの料理

シエラレオネ共和国 Republic of Sierra Leone | アフリカ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


西アフリカ式の食文化

スペイン語で「ライオンの山」という意味の国名を持つ、西アフリカの国シエラレオネ。イギリスや北米、カリブからの解放奴隷の移住地として、1808年にイギリスの植民地となり、1961年に独立しました。大西洋に面した首都フリータウンは、その名前の通り解放奴隷(その子孫はクリオと呼ばれる)が作った街で、欧米文化がミックスしたクレオール的性格を持つ一方、内陸地では、土着のおよそ17部族が昔ながらの生活を送っています。そのほとんどをマングローブの木で覆われた海岸線。雨の多い高温多湿な気候がマラリア、ポリオ、コレラ、チフスといった病気の発生を高め、さらに長引く内戦のため、欧米に移住したシエラレオネ人も少なくないといいます。
アフリカ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
シエラレオネ
シエラレオネ

シエラレオネ地図ポピュラーな料理は、西アフリカ式の、ごはんと一緒に食べるスパイシーなオクラや肉の入ったシチューや、スライスしたプランテーン(料理用バナナ)のフライ、豆をつぶして揚げた、西アフリカ版ファラフェルのようなビンチアカラなどです。

プランテーンは、フライが揚がる前にしょうがやとうがらしの粉をかけて、さらに塩をかけます。また、甘くして食べたいときは、砂糖とシナモンをかけることもあるようです。

また、首都フリータウンには、旅行会社や高級レストランを経営するレバノン人が少数、暮らしており、レバノン料理が食べられます。


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→ メールフォーム




profile
カスタム検索
シエラレオネ
面積 71,740km2
人口 約530万人
首都 フリータウン Freetown
住民 メンデ族、テムネ族、リンパ族、クレオール(黒人と白人との混血)
言語 英語(公用語)、メンデ語、テネム語他
宗教 イスラム教60%、キリスト教10%、アニミズム信仰30%
建国 1961年4月27日 (イギリスより独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加