サモア国旗 サモアの料理

サモア独立国 Independent State of Samoa | オセアニア  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


パンケケ
パンケケ

典型的なポリネシア式の料理

「青い青い空だよ 雲のない空だよ サモアの島 常夏(とこなつ)だよ 高い高いやしの木 大きな大きなやしの実 サモアの島 楽しい島よ...」(サモア島のうた 小林幹治作詞)という歌にも歌われた、南太平洋にあるポリネシアの島国サモア。首都はアピア。風景はまさに先の歌の詞の通りで、元力士の小錦のルーツでもあるように体格のよい人が多い、のんびりとした常夏の島です。海岸地帯にはサンゴ礁が発達し、オランダやフランス、ドイツ、イギリス、アメリカなどの欧米人が島を訪れ、現在では国民のほとんどがキリスト教を信仰しています。
オセアニア
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
サモア
サモア

サモア地図サモアでポピュラーな食材は、ほかのポリネシアの島々と同様、タロいもやパンの木の実、ココナッツ、青バナナ、魚、豚肉や鶏肉など。調理法も典型的なポリネシア式です。

たとえば、ウム(Umu)という、地面に穴を掘って石を置いたオーブンを使った蒸し焼き料理や、オカ(Oka)というレモンジュースやココナッツクリーム、塩、オニオンでマリネした生の魚、ウムを使ってタロいもとココナッツクリーム、たまねぎをタロいもの葉で包んで蒸し焼きしたルーアウ(Lu’au)、果物のポーポーとココナッツクリームで作った朝食用の温かいスープのSupoesi、しょうゆとしょうが、にんにく、たまねぎでマリネした牛肉と春雨を使ったサモア風の八宝菜 Supasui、塩漬け牛肉のポビ・マシマ(Povi Masima)といった料理があります。

また、オーブンで焼いたタロいもに、ココナッツクリームをカラメル色になるまで焦がした甘いソースをかけたFausiというデザートや、シナモン風味のモチモチしたサモア風パンケーキのパンケケなどもあります。

サモアならではのポピュラーな飲み物は、カヴァ(Kava)というコショウの木の根から作る、軽い鎮静作用のあるドリンク。ほろ酔い気分になるカヴァは、現地ではセレモニーや集会などの開始時によく飲まれます。


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→ メールフォーム




profile
カスタム検索
サモア
面積 2,935km2
人口 約17.9万人
首都 アピア Apia
住民 サモア人(ポリネシア系)90%、その他(欧州系混血、メラネシア系、中国系、欧州系等)
言語 サモア語、英語(共に公用語)
宗教 100%キリスト教でカトリック、メソジスト、モルモン教等の各派が布教
建国 1962年1月1日 (ニュージーランドから独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加