ルワンダ国旗 ルワンダの料理

ルワンダ共和国 Republic of Rwanda | アフリカ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


ムシカキ
ムシカキ(左の肉)とキャッサバ&豆の煮込み
(アフリカンフェスタ・ルワンダ大使館ブースの料理より)

辛くない、質素な食事

アフリカ中央部にあり、コンゴ民主共和国やウガンダ、タンザニア、ブルンジと国境を接する内陸国ルワンダ。第1次世界大戦末まではドイツの植民地で、以後ベルギー領となり、1962年に独立した国です。
アフリカ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
ルワンダ
ルワンダ

ルワンダ地図ルワンダの料理は香辛料はあまり使わず、辛くありません。人々は、サツマイモや豆、キャッサバ、とうもろこし、雑穀などを主にした質素な食生活を送っています。伝統的な朝食は、ミルク入りのオートミール粥で、ほかにウムットシマ(Umutsima)というキャッサバととうもろこしの料理や、イソンベ(Isombe)というキャッサバとナス、ほうれん草の料理、ミズズ(Mizuzu)という揚げたプランテーン(料理用バナナ)、ムシカキというバーベキューした肉などを食べるほか、アボカドやバナナ、マンゴー、パパイヤといった豊富なトロピカルフルーツで栄養を補給しています。

肉は牛肉やチキンがポピュラーですが、農村部では牛がステータスシンボルと考えられているためめったに食用にはせず、せいぜい月に2度食べる程度です。湖の近くではテラピアなどの魚を食べています。

首都キガリでは、朝食はヨーロッパ風のパンと紅茶というケースも珍しくありません。ルワンダ人は一般的にお茶にたくさんのミルクとお砂糖を入れる傾向があるようです。

また、ルワンダ人の男性はビールが大好きで(女性は一切飲まない)、国内には大きな醸造所もあります。ストローでひとつの大きな容器から飲むのが、ルワンダ式のビールの飲み方。ビール以外にも、Ikigageという乾燥したモロコシから作るお酒や、Urwarwaという、プランテーンバナナから作るお酒もあります。


■参考文献
EATING THE RWANDAN WAY (~Cultural Profiles Project)


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→ メールフォーム




profile
カスタム検索
ルワンダ
面積 2.63万km2
人口 約841万人
首都 キガリ Kigari
住民 フツ族(85%)、ツチ族(14%)、トゥワ族(1%)
言語 フランス語、キニアルワンダ語、英語
宗教 カトリック45%、伝統的宗教45%
建国 1962年7月1日 (ベルギーより独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加