プエルトリコプエルトリコの料理

アメリカ合衆国 Commonwealth of Puerto Ricoカリブ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


プエルトリコは、カリブ海に浮かぶアメリカの自治連邦区。中世からのスペインの植民地時代を経て、1898年に勃発した米西戦争(アメリカとスペインとの戦い)でアメリカが勝利したことからアメリカに割譲され、以来、アメリカ領となりました。19世紀末からお隣のキューバとともに独立運動が起こり、これまでもしばしば独立に向けた住民投票が行われてきましたが、近年はアメリカの51番目の州への昇格を望む声が高まっています。これで、アメリカと敵対するキューバとはますます対照的な立場になったわけですが、住民はいまだにスペイン語を話すなど、スペインの影響が色濃く残っています。
北中米・カリブ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。

プエルトリコ地図スペインの影響を受けながら、アフリカや南米、カリブの先住民であるタイノ族・アラワク族の文化が加わった汎カリブ的な要素は、キューバやドミニカ共和国などと同様、食材にも強く表れています。たとえば、タロイモやキャッサバ、プランテーン(調理用の青バナナ)、とうもろこし、とうがらし、グアバやパイナップルなどのフルーツといった伝統的な食材と、スペインからもたらされたオリーブの実やひよこ豆、チーズ、アフリカから伝わったオクラやゴマなどを使った料理。さらにプエルトリコではアメリカの影響も加わって、ベーコン(起源はイギリスやフランス)も多用されます。

そんな文化のミックスしたプエルトリコを代表する料理のひとつに、モフォンゴがあります。つぶしたプランテーンとベーコン(豚の皮を使うことも)を炒めた、プエルトリコ人の郷土の味です。料理には、フランスのミルポワ的存在のプエルトリコの調味料ソフリートが不可欠。コリアンダーの葉やトマト、たまねぎ、にんにくなどを刻んだ、さわやかな風味のピリ辛ソースです。

また、ケッパーととうがしを詰めたオリーブを混ぜたアルカパードを添えたキマメ(pigeon pea)入りのイエローライスであるアロス・コン・ガンデュレスなども、さまざまな文化が混ざったプエルトリコらしい料理といえそうです。

飲み物では、キューバなどと同様、ラム酒の製造が有名。名高いメーカーはバカルディです。


■参考文献


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習を行う際にお役に立てるよう公開しているものです。
 無許可での転用・転載はご遠慮ください。特に無断での情報の商業利用は固くお断りします。


※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→メールフォーム



author

※上記のリンク情報は、個人の方々に世界の料理の魅力を広く知っていただくことを目的に制作したリストです。無断転用・転載はご遠慮ください。
  特に無断での商業利用は固くお断りします。

カスタム検索
面積 9104km2
人口 約370万人
首都 サンフアン
住民 スペイン系、アフリカ系、タイノ系インディヘナ、中国系など
言語 スペイン語、英語
宗教 キリスト教(カトリック)が大半
建国 -




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加