フィリピン国旗 フィリピンの料理

フィリピン共和国 Republic of the Philippines | アジア  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


カレカレ
カレカレ

マレーやスペイン、中国の影響を受けた料理

大小合わせて7000以上の島からなる東南アジアの国フィリピン。その文化は、石器時代のネグリト族にはじまり、マレー系や中国系、16世紀から19世紀に統治したスペイン、続いて宗主国となったアメリカの影響を受けてきました。
アジア
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
フィリピン
フィリピン

フィリピン地図フィリピンには辛い料理はほとんどなく、甘味、塩味、酸味(タマリンドやカラマンシーという柑橘類を使う)が好まれるようです。

古代フィリピンでは、料理は豚肉や犬肉、オオトカゲ、魚や貝をゆでるか、蒸すか、焼く程度でした。その後、移住したマレー系によって水田農耕がもたらされ、米食が一般的になったほか、スペイン来航直前には中国や東南アジアとの交易で栄えて、さまざまな文化がもたらされるようになりました。

中国(福建省南部の出身者が多いという)の影響がうかがえるのは、パンシット(Pancit)と呼ばれる炒めた麺の料理や、チョプスイという野菜を炒めてとろみをつけた八宝菜、ルンピア・シャンハイ(Llumpia Shanghai)という甘いタレをつけて食べる揚げ春巻きなどです。

またスペインの影響を受けた料理には、肉を酢やにんにくなどのタレに漬けて、甘辛く煮込んだアドボがあります。肉は豚肉、鶏肉を単独で使うこともありますが、しばしば両方を使います。酢漬けはスペイン伝来の調理方法で、スペイン本国ではアドバド(Adobado)と呼ばれ、酢に漬けることにより肉が柔らかくなる作用があるといいます。近年はさらに日本の影響がミックスされて、漬け込むタレに醤油を入れることが多くなりました。

ほかに揚げた魚にトマトケチャップ入りのソースをかけたエスカベッチェ(Eskabeche)や、ロンガニーサ(Longanisa)という豚の内臓を腸詰めしたソーセージ、トルタ(Torta)というオムレツなどにもスペイン文化の面影をうかがえそうです。

ほかに、オックステール(雄牛の尾の肉)や牛の胃袋などをピーナッツソースで煮込んだカレカレ(Kare-Kare。見た目がカレーにそっくりだが、まったく辛くなく、一説には辛いものを好まないフィリピン人向けのカレーとも。バゴオンというアミの塩辛を添えて食べる)、シニガンという、肉や魚介の酸味のあるタマリンドスープ、レチョン(Lechon)という豚や豚の丸焼きといった料理もポピュラー。

ちなみに、フィリピンの国民の大多数はカトリック教徒ですが、島によってはイスラム教徒も多く、彼らは豚肉を食べません。

デザートでは、ハロハロという、フルーツやウベという紫いもで作ったアイスクリーム、ナタデココなどをトッピングした冷たいパフェが、フィリピンならではのもの。ドリンクには、サンミゲルという有名ブランドのビールがあります。


■参考文献
EATING THE FILIPINO WAY (~Cultural Profiles Project)


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸なのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→メールフォーム




カスタム検索
フィリピン
面積30万k㎡
人口約7,500万人
首都マニラ Manila
住民マレー系が大半。他に中国系、 スペイン系の混血、少数民族
言語タガログ語を基本とするフィリピノ語、英語
宗教カトリック85%、プロテスタント、イスラム教
建国1946年7月4日 (アメリカ合衆国より独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加