パラグアイ国旗 パラグアイの料理

パラグアイ共和国 Republic of Paraguay | 南アメリカ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


ソパ・パラグアージャ
ソパ・パラグアージャ

先住民グァラニ族の伝統が今に

ボリビアとブラジル、アルゼンチンに国境を接した南米の内陸国パラグアイ。ブラジルやアルゼンチンと並んでワールドカップの常連としてサッカーが強いことでも知られる(2010年の南アフリカで行われたW杯では、ベスト16で日本と対戦し、PK戦で日本が惜敗しました)。この国は、旧宗主国スペインのほか、先住民グァラニ族の伝統を受け継いだ料理が特徴的です。
南アメリカ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
パラグアイ
パラグアイ

パラグアイ地図肉や牛乳、チーズ、とうもろこしが主産物であり、ボリ・ボリ(チキン・スープに小さなとうもろこしの粉のすいとんを浮かせた料理)や、ソー・ヨソピー(ひき肉と野菜のスープに米やパスタを入れたもの)、ギーソ(トマト味のパラグアイ風雑炊)など、ポピュラーな料理の名前には、スペイン語ではなく、グァラニ語の名前がつけられたものも少なくありません。

また隣国アルゼンチンやブラジルと共通した豪快なバーベキュー(アサード・デ・チャンチョ・下左写真)や、エンパナーダ(下左写真)などもポピュラー。ほかに川魚や野菜、果物などが食材として使われ、またマンディオカ(キャッサバ)も主食としてパンの代わりによく食べられています。 中でも、ソパ・パラグアージャ(上写真)は、パラグアイで一番有名な料理のひとつ。とうもろこしの粉と牛乳、卵、チーズを材料にしてソパ(スープ)を作ろうとしたら、なぜかおいしいコーンケーキができてしまったという逸話があるそうです。

ほかに、発酵させた牛乳から作るフレッシュなチーズのケソ・パラグアージョ、先住民の食べ物だったコーンのケーキのチパ・グアス(下中画像)などもポピュラーな料理です。

ドリンクではブラジルなどにもあるマテ茶がよく飲まれています。テレレという、マテ茶を煎じて冷したお茶に好みで薬草を混ぜて香りをつけたりする飲み物は、パラグアイの名産品。世界屈指のGKとして名をはせたサッカーのチラベルト選手も、マテ茶を愛飲しているといいます。マテ茶にはビタミンやミネラルが豊富に含まれており、南米では肉や乳製品をたくさん食べているのに成人病が少ないのは、このマテ茶の効用であるという説があります。

マテ茶は、グアンボというマテ茶の壷に入れ、ボンビージャという金属製のストローで飲みます。またマテ・コシードという、熱湯で作ったマテ茶も飲まれます。

お酒では、さとうきびから作られた、カーニャが人気。ウィスキーも造られていますが、ワインはほとんどないようです。

アサード チパ・グアス ギーソ
アサード・デ・チャンチョ チパ・グアス ギーソ


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸なのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→メールフォーム




カスタム検索
パラグアイ
面積40万6,752k㎡
人口約520万人
首都アスンシオン Asuncion
住民原住民グァラニ族とスペイン人との混血97%
言語スペイン語、グァラニ語
宗教カトリックが大多数
建国1811年5月15日 (スペインより独立)


パラグアイ

グァラニ族の混血が多いことで、他の南米の国とはちょっと一線を画しているパラグアイ。ふだんは目立たない国ですが、ワールドカップの常連として、サッカーの強さを世界に知らしめています。


■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加