パプアニューギニア国旗 パプアニューギニアの料理

パプアニューギニア独立国 Independent State of Papua New Guinea | オセアニア  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


ムームー
ムームー

イモ類やトロピカルフルーツが豊富

南太平洋にあるニューギニア島の東半分と、1万近い周辺の島々からなる熱帯の国パプアニューギニア。首都はポートモレスビーで、現在は英連邦に属しています。島の西部はインドネシアのイリアンジャヤ。パプアニューギニアには、メラネシア系、パプア系、ミクロネシア系、ポリネシア系などに分けられるたくさんの小部族が暮らし、それぞれの部族ごとに言葉や習慣、伝統が違うといいます。
オセアニア
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
パプアニューギニア
パプアニューギニア

パプアニューギニア地図パプアニューギニアの伝統的な料理には、イモ類が豊富。たとえばタロいも、ヤムいも、カウカウという日本のサツマイモに似た甘いいも、キャッサバなどで、これらと肉や魚介類をバナナの葉に包んで、地面に掘った穴の側面に並べ、穴の中央に焼いた石を入れて、バナナの葉でふたをして数時間、調理をして食べたりします。これを現地ではムームーといい、お祝いの席などでいただくことができます。

ちなみに、ポリネシアやメラネシアでは、ニュージーランドのマオリ族のハンギをはじめ、ムームーに似た蒸し料理が各島にあります。

また普段の料理では、お米やサゴヤシ澱粉を食べたり、ビールを飲むなど、お隣のインドネシアや、中国、またヨーロッパの影響を受けているケースも。パッションフルーツやポーポー、パイナップル、バナナといったトロピカルフルーツも豊富です。


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→ メールフォーム




profile
カスタム検索
パプアニューギニア
面積 46.2万km2
人口 約562.5万人
首都 ポートモレスビー Port Moresby
住民 メラネシア人
言語 英語(公用語)、ピジン英語、モツ語等
宗教 キリスト教徒多数、祖先崇拝等伝統的信仰も依然根強い
建国 1975年9月16日 (オーストラリアの信託統治より独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加