オマーン国旗 オマーンの料理

オマーン国 Sultanate of Oman | 中東  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて



カブース国王に供されたオマーン宮廷インド料理

アラブ料理+インド料理が浸透

アラビア半島の東南の端、ペルシャ湾の入り口という重要なロケーションに位置する古い歴史を持つ王国、オマーン。現在は1970年の宮廷革命によって即位したカブース国王が絶対君主制を維持しつつ、指導力の強さで国民の信頼を得て安定した政権を続けています。カブース国王はかつて「日本人の高い勤労意欲を見習うべきである」と国民に呼びかけたことがあるくらいで、オマーン人の対日感情は一般的にとても良好だといいます。
中東
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
オマーン
オマーン

オマーン地図住民の大半がアラブ人、ほかにイラン人や、少数民族のバローチ人、またインドからの出稼ぎ労働者も多いオマーンの料理は、アラブ系を中心に、インド料理も浸透しています。

伝統的なオマーンの料理は全般的にシンプルで、日常は野菜やレンズ豆、ラムとチキンなどを食べ、マラク(Marak)という野菜のカレーやビリヤニ、ケバブなどを食べ、お祝いのパーティーともなれば、サフランで炊いたご飯に焼いた肉(ラムが多い)や魚を添えたマクブース(Maqbous)や、シュウワ(Shuwa)という、オーブンで1日以上ゆっくり焼いた肉がふるまわれます。

シュウワは、肉をとうがらしやターメリック、コリアンダー、クミン、カルダモン、にんにく、酢をマリネして、それを乾いたバナナまたはやしの葉で包んで、オーブンの中でいぶし焼きされたもので、肉がやわらかくなって、何ともおいしいのだそう。

オマーンのインド料理は全体的に辛さが控えめです。カブース国王の宮廷にはインド料理専門のお抱え調理人もいるそうで、その浸透ぶりがうかがえます。

オマーンでの飲み物は、他のアラブ諸国と同様、濃いアラビアコーヒーのカフワ(Kahwa)がポピュラー。なつめやしの実やハルワ(Halwa)という甘いゼラチン状のお菓子などと一緒に食すると、コーヒーの苦さが打ち消されてちょうどよくなる、というわけです。ほかに、ラバン(Laban)という塩気のあるバターミルクや、カルダモンやピスタチオで風味づけしたヨーグルトドリンクも人気があります。


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→ メールフォーム




profile
カスタム検索
オマーン
面積 31万km2
人口 約234万人
首都 マスカット Mascut
住民 半数以上がアラブ人。他にバローチ人、イラン人、インド人。
言語 アラビア語(公用語)、英語も広く通用する
宗教 イスラム教 (イバード派が主流)
建国 1741年


オマーン
アラビア半島の南部にある国オマーン。エキゾチックなオアシスもあります。


■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加