ナイジェリア国旗 ナイジェリアの料理

ナイジェリア連邦共和国  Federal Republic of Nigeria | アフリカ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


ナイジェリア料理の数々
ナイジェリアのシチュー料理の数々

アフリカの多民族国家の多様な料理

ナイジェリアの人口は1億2千万人。アフリカ大陸最大の人口を要する、世界最大の黒人国家であるこの国は、高温の熱帯性気候で年間降水量も多い国であり、また宗教も多様な多民族国家でもあります。
アフリカ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
ナイジェリア
ナイジェリア

ナイジェリア地図ナイジェリアの3大部族と呼ばれているのは、北部に多く住むイスラム教徒の遊牧民・ハウサ族、西部に住むイスラム教徒の農耕民・ヨルバ族、そして東部に住むキリスト教徒の農耕および商人のイボ族で、食文化もそれぞれ違います。

「African and Arab Cooking」(日本中近東アフリカ婦人会発行)によると、共通でよく食べられているのは、北部では穀物、肉、乳製品(牛乳やヨーグルト、チーズ)などを使った料理が多く、南部ではヤム、キャッサバなどの根菜類の食材が中心で、海岸地域では魚などの海産物をよく食べるとか。

国民食のひとつとして知られているのは、メロンのタネや肉、魚などを煮たエグシスープエグシシチューとも)、またエバという、キャッサバのおだんごもよく食べられています。シチューはアフリカでもかなり辛い部類です。

ドリンクでは、椰子酒(パーム・ワイン)が作られているほか、キリスト教徒向けのワインも。椰子酒は、乳白色の色合いで、そのままカクテルのように甘く、素朴な味わいです。また、ビールも国内ブランドがいくつかあるようです。 エバ


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸なのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→メールフォーム




カスタム検索
ナイジェリア
面積92万3,768k㎡
人口約1億2000万人
首都アブジャ Abuja 〈旧首都である、最大都市はラゴス Lagos)
住民アフリカ系99.9%(ハウサ族、イボ族、ヨルバ族が3大部族。ほか、フラニ族、ティウ族、カスリ族、イビビ族など)
言語英語、ハウサ語、ヨルバ語、イボ語などの部族語
宗教イスラム教48%、キリスト教35%など
建国1960年10月1日 〈イギリスより独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加