ネパール国旗 ネパールの料理

ネパール王国 Kingdom of Nepal | アジア  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


ネパール料理
ネパールの定食

インドと中国、チベットが混ざり合った料理

ヒマラヤ山脈の南、インド、中国と国境を接するネパール。首都はカトマンズ。標高5000メートルを越える高山から亜熱帯の平野まで変化のある地形を持ち、インド系、チベット系、中央アジア系のネワール族やグルン族、タマン族、マガリ族など30以上もの民族が暮らす、民族色豊かな王国です。宗教は、ヒンドゥー教徒が人口の8割以上を占めています。
アジア
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
ネパール
ネパール

ネパール地図ネパールの料理は、おおまかにはインド、中国、チベットの要素がが混ざり合った風ですが、先に述べたように多民族国家であることから、民族ごと、地域ごと、またカーストごとに料理にも違いがあります。

ネパール全体でポピュラーな主食はダルバートというごはんとレンズ豆のスープ、そしてタルカリ(Tarkari)と呼ばれるカレーで、これにアチャールという漬物を加え、しばしばサールと呼ばれる、金属のお盆に盛られた定食スタイルで提供されます。

チベット料理のモモもよく食べられています。全体的に辛さ控えめのスパイスと、たっぷりの野菜が使われるヘルシーな料理で、インドと同様、牛肉は基本的にはタブー視され、アウトカーストの人々のみが食べるものとされています。

ネパールの飲み物は、イラムチャイをはじめとするヨーロッパにも輸出されている良質な紅茶のほか、チャン(Thon)というお米から作るどぶろくのようなお酒や、トンバ(Tongba)という雑穀のお酒、また亜熱帯地域ではさとうきびのお酒=ラム酒などがポピュラーです。


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸なのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→メールフォーム




カスタム検索
ネパール
面積14万7181k㎡
人口約2,300万人
首都カトマンズ Kathmandu
住民ネワール族、リンプー族、タマン族、グルン族、タカリー族など
言語ネパール語
宗教ヒンズー教、仏教5%、イスラム教3%
建国1951年立憲君主国宣言


ネパール
インド、中国と国境を接したネパールは、少数民族も多い国です。


■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加