モザンビーク国旗 モザンビークの料理

モザンビーク共和国 Republic of Mozambique | アフリカ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


モザンビーク・ココナッツミルクを使ったチキンカレー
ココナッツミルクを使ったモザンビーク・チキンカレー

ポルトガルの影響を受けた料理

アフリカ大陸の南東部海岸にあり、古くからアラブ商人による交易が行なわれ、16世紀から1975年に独立するまで4世紀もの長きにわたってポルトガルの植民地だったモザンビーク。現在はなぜかイギリス連邦の加盟国になっているものの、ポルトガルの影響がいまだに色濃く残っています。
アフリカ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
モザンビーク
モザンビーク

モザンビーク地図モザンビークでは、とうもろこしのお粥(モザンビークでウサ(Wusa)という)や米、温かいシチューなど、アンゴラやサントメプリンシペ、カーボベルデといった他のアフリカのポルトガル領で食べられているものと似た料理がしばしば見られます。

また、スパイシーな鶏の炭火グリル・ピリピリ・チキンザンベジチキン、ロブスターやエビなどのシーフードのグリルもポピュラーです。 ポルトガルの影響がうかがえる料理には、挽いたピーナッツと柔らかい葉または果物、はまぐりで調理したマタパ(Matapa)や、チキンのトマトソース煮、ポルトガル風の鶏のグリルのフランゴ・ア・アフリカーナなどがあります。

またモザンビークは、バスコ・ダ・ガマの発見したインド航路の中継地だったことから、カレーやマンゴチャツネ、サンバルといったインド(南インド)の料理も食べられています(上写真参照)。

飲み物は、これもポルトガルの影響で、ポートやマデイラなどワインのほか、ザンベジア地方で生産される良質なお茶がよく飲まれています。


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→ メールフォーム




profile
カスタム検索
モザンビーク
面積 80.2万km2
人口 約1,910万人
首都 マプト Maputo
住民 マクア・ロムウェ族など43部族
言語 ポルトガル語
宗教 キリスト教(41%)、イスラム教(17.8%)、原始宗教
建国 1975年6月25日 (ポルトガルより独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加