モーリシャス国旗 モーリシャスの料理

モーリシャス共和国 Republic of Mauritius | アフリカ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


モーリシャス
魚を乗せたビリヤニ

インド、フランス、中国に影響された料理

アフリカ大陸の東、インド洋に浮かぶさんご礁に囲まれた島モーリシャス。かつてインド商人の貿易中継地だったことからもともとインド系の住民が多く、また16世紀にポルトガル人がやってきて以来、フランス、イギリスの植民地時代を経た結果、ヨーロッパ系との混血(クレオール)や、植民地時代に労働力として駆り出された中華系の人々が暮らす国です。
アフリカ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
モーリシャス
モーリシャス

モーリシャス地図そんなミックスした文化を実感できるのは、島民の食生活。クロワッサンとコーヒーというフランス風の朝食にはじまって、ランチにはカレー、夕食は中華料理というパターンも珍しくありません。

中でもインド料理の影響力が絶大。山羊やチキン、羊、魚などのマサラ(カレー)や、サモサ、ブリヤニ(ビリヤニ=スパイスをきかせた炊き込みご飯)などがポピュラーです。島国なので、シーフードを使った料理がとりわけ多いようです(例:タコのカレー)。

クレオール文化の影響は、ルガイユ(Rougaille)というトマトとたまねぎ、しょうが、ニンニクのソースや、ドーブ(Daube)という、トマトとたまねぎ、ニンニク入りの牛肉や鶏肉のシチューといった料理にうかがえます。

デザートには、クレームブリュレやクレームカラメルといった洗練されたフランスのお菓子も。パパイヤ、マンゴー、ライチ、ココナッツ、パイナップル、バナナといった豊富なフルーツもあります。

また、モーリシャス人が好きな飲み物は、タマリンドジュースや、アロウダ(Alouda)というゼリーとバジルシード、牛乳、ローズシロップのドリンク、またヨーロッパで賞を獲得したこともあるフェニックス(Phoenix)とステラ(Stella)というローカルブランドのビール、ラム酒などです。


■参考文献
EATING THE MAURITIAN WAY (~Cultural Profiles Project)


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸なのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→メールフォーム




カスタム検索
モーリシャス
面積2,040k㎡
人口約120万人
首都ポートルイス Port Louis
住民インド系、クレオール(黒人と白人の混血)、中国系
言語英語、フランス語、クレオール語、ヒンディー語、中国語など
宗教ヒンズー教、キリスト教、イスラム教、仏教
建国1968年3月12日 (イギリスより独立)


モーリシャス

大好きなClub Medにステイしているのですが、ゲストはほとんどヨーロピアン!! いろーんな国の人がいておもしろいです。

お魚はそんなにいないけど、海は透明でとーってもキレイ♪ (モーリシャスにて)


■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加