マーシャル諸島 国旗 マーシャル諸島の料理

マーシャル諸島共和国 Republic of the Marshall Islands | オセアニア  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


食欲旺盛な人々の豪快な料理

太平洋に浮かぶミクロネシア系の島国マーシャル諸島。かつてスペイン、イギリス、日本、そして戦後は信託統治領としてアメリカに統治された歴史があり、1979年に独立したあとも、土着のミクロネシア文化(チャモロ文化)に、かつての統治国や中華系移民の影響が混ざった料理が見受けられます。また、アメリカの影響は今も強いようです。
オセアニア
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
マーシャル諸島
マーシャル諸島

マーシャル諸島の地図マーシャル諸島の主なたんぱく源は、主食のタロいも、プランテーン(調理用バナナ)、パンの実(いものような味がする)のほか、魚やロブスター、エビ、イカなどのシーフード。また鶏や豚が飼育され、パッションフルーツやパパイヤ、パイナップル、アボカド、バナナといったフルーツも豊富です。タロいもやプランテーン、パンの実はココナッツミルクで煮込んで食べます。魚や肉はローストしたり、バナナの葉で蒸し焼きしたりします。

チャモロ料理の特徴としては、かんきつ類(レモンやシークワーサーのようなもの)で酸味をきかせ、しょうゆやココナッツミルク、ピメンタというとうがらしで味を調えることが多いようです。

また、チャモロの人々は食欲が旺盛。当然、体格のいい人も多いのですが、それは、パーティーともなれば、豚2頭を丸焼きにするなど、豪快な食事を用意することからもうかがえそうです。

一方、アメリカナイズされたマカダミアナッツのパイなども食べられています。


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、世界の料理レシピ・ミュージアム館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、料理講師、レシピ開発のほか、在日大使館や大使公邸などでのシェフとしても活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→ メールフォーム




profile
カスタム検索
マーシャル諸島
面積 181km2
人口 約60,000人
首都 マジュロ Majuro
住民 カナカ族
言語 マーシャル語、英語
宗教 ほとんどがキリスト教のプロテスタント
建国 1986年10月21日 (アメリカ合衆国の国連信託統治領から)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加