リビア国旗 リビアの料理

リビア共和国
Republic of Libya | アフリカ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


鶏肉のクスクス
鶏肉のクスクス
(リビア大使館提供の料理)

アラブやイタリア、地中海諸国のの影響を受けた料理

エジプトやアルジェリアなどと国境を接する北アフリカの国リビア。2011年、リビア国民評議会が、1969年から続いていたカダフィ大佐による政権より事実上、政権を奪回しました(旧国名は「大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国」。政権奪回によって国旗も緑一色から変更)。カダフィ政権時代は外国人の観光にはさほどオープンではありませんでしたが、雄大な砂漠や、ほぼ手付かずのローマ遺跡など、リビアは実はなかなか見どころの多い国なのです。
アフリカ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
リビア
リビア

リビア地図そんなリビアの料理は、アラブと旧宗主国のイタリア、他の地中海諸国の影響を受けてきました。

ラム肉や鶏肉、クスクス、豆、ナッツやドライフルーツなどがポピュラーな食材。イスラエルや北アフリカの他国でも食べられる、シャクシュカ(Shakshouka)という、トマトソースやラム肉の入ったスクランブルエッグや、肉と野菜のシチューとクスクスの組み合わせも人気の料理です。 また、イタリアの影響か、ショートパスタ入りのトマトと牛肉のスープ(ショルバ。またの名をリビアスープ) も非常によく食べられています。

リビアに厳格なイスラム教徒が多く、お酒はご法度。お茶やコーヒーが人気で、特にミントティーがよく飲まれます。


■参考文献
EATING THE LIBYAN WAY (~Cultural Profiles Project)


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、世界の料理レシピ・ミュージアム館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、料理講師、レシピ開発のほか、在日大使館や大使公邸などでのシェフとしても活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→ メールフォーム




profile
カスタム検索
リビア
面積 176万km2
人口 約560万人
首都 トリポリ Tripoli
住民 アラブ人
言語 アラビア語
宗教 イスラム教(スンニ派)
建国 1951年12月24日 (イタリアより独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加