リベリア国旗 リベリアの料理

リベリア共和国 Republic of Liberia | アフリカ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


フェスティバル
フェスティバルとティラピアのフライ

典型的な西アフリカ式の料理

ギニアやコートジボワール、シエラレオネと国境を接する西アフリカの国リベリア。国名はラテン語で”自由”を表し、19世紀初頭に開放されたアメリカの奴隷たちを入植させる目的で建設されました。そのため長らくアメリカとの関係が深く、国旗もアメリカとよく似ています。近年は内戦が続き、国土の荒廃が伝えられているのが残念です。
アフリカ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
リベリア
リベリア

リベリア地図さて、そんなリベリアの料理は、肉(山羊肉、豚足などもポピュラー)や、キャッサバ、ヤムいも、オクラ、とうがらし、ココナッツなどを使い、シチュー(例:なすシチュー)とともに、主食に米やキャッサバから作ったおだんご・フーフーを食べる典型的な西アフリカ式。ただし、同じ食べ物でも、上写真のフェスティバルや、ダムボーイ(フーフー)など、ネーミングがいかにもアメリカ的です。

また、ジョロフライス(トマトライスに肉を付け合せた料理)や、パームオイルを使った真っ赤なシチュー類、山羊肉のスープ、魚のフライなどもポピュラーな料理です。

リベリアでは自国で製造している飲み物もあります。中でもビールはなかなかの品質なのだそうです。


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、世界の料理レシピ・ミュージアム館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、料理講師、レシピ開発のほか、在日大使館や大使公邸などでのシェフとしても活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→ メールフォーム




profile
カスタム検索
リベリア
面積 111,370km2
人口 約340万人
首都 モンロビア Monrovia
住民 ゴラ族、クペレ族、クル族、バサ族等16部族
言語 英語(公用語)、その他各部族語
宗教 国民の90%が原始宗教、その他にキリスト教とイスラム教
建国 1847年7月26日




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加