レソト国旗 レソトの料理

レソト王国 Kingdom of Lesotho | アフリカ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


レソト料理の盛り合わせ
レソト料理のワンプレート。
上から時計回りに、レソト風蒸しパン、パパ、
マトンシチュー、ほうれん草のクリーム煮、
かぼちゃ(レソト大使館提供)

インドやマレー、中国の影響を受けた料理

周囲をぐるっと南アフリカ共和国に囲まれた、アフリカの小さな王国レソト。かつてはバストランドと呼ばれ、1966年にイギリスから独立したこの国は、南アフリカと同様、アフリカの土着文化に加えて、ヨーロッパやインド、中国、マレーの文化に影響を受けてきました。
アフリカ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
レソト
レソト

レソト地図インド人やマレー人は、イギリス植民地時代に労働力としてこの地に送り込まれた人々で、カレーやチャツネ、ケバブなどを一緒にもたらしました。ヨーロッパからはパンやお菓子が。ブレディーというラムのシチュー料理もあります。

食材では、ラムのほか、野生動物の鹿やダチョウ、インパラの肉、スモークハム、また淡水魚や、とうもろこし、キャッサバ、プランテーン(調理用バナナ)、米などがポピュラーです。

アフリカ土着の料理としては、ピーナッツペーストをベースにしたシチューや、燻製魚などを使い、スパイシーでこってりとした味が好まれているようです。

そら豆をチキンスープで煮込んだサンプ(Samp)と、マイルドなレソト風のラムシチュー
そら豆をチキンスープで煮込んだサンプ(Samp・左の白いもの)と、マイルドなレソト風のラムシチュー


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→ メールフォーム




profile
カスタム検索
レソト
面積 3.0万km2
人口 約180万人
首都 マセル Maseru
住民 バソト族
言語 英語(公用語)、ソト語
宗教 大部分がキリスト教
建国 1966年10月4日 (イギリスより独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加