ラトビア国旗 ラトビアの料理

ラトビア(ラトヴィア)共和国 Republic of Latvia | NIS(旧ソ連~ヨーロッパ)  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


ラトビア風チキンカツレツ
ラトビア風チキンカツレツ

ロシアやドイツ、スウェーデンの影響を受けた料理

北ヨーロッパのバルト海に面する国ラトビア。現在はエストニア、リトアニアとともにバルト3国の1国をなし、かつてはソ連邦の一部であったほか、ドイツ、ポーランド、スウェーデンなどの強国に統治された長い歴史をたどってきました。
ヨーロッパ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
ラトビア
ラトビア

ラトビア地図ですので、ラトビアの料理には、地方によってかつての統治国や近隣国の影響が、地方ごとにうかがえます。

たとえば、バルト海に面した西部ではドイツやスウェーデンの影響がうかがえて、じゃがいもやザワークラウト、ソーセージやカツレツ料理、またにしんのマリネなどが多く、エストニアと国境を接する北部では乳製品を使った料理が多く、またロシアと国境を接した東部は、ビーツなどを使った冷たい前菜料理が多いといった具合です。

全体的には、スラブ系の国々に見かける、ハーブのディルやキャラウェイや酸っぱい味が好まれるようで、これらのハーブは、パンやチーズに加えたり料理の風味づけに使います。また、プートラというカーシャ(米やそばのロシア風おかゆ)がよく食べられています。また、ピラグスという、ベーコン入りの三日月型のスナックのパンもポピュラー。

たまごが料理によく使われるのもラトビア料理の特徴。前菜はもちろん、魚料理、肉料理、野菜料理はもちろん、チーズにもたまごが加えられたり、添えられたりします。

またラトビアの森と湖には、新鮮なベリー類やきのこ、木の実が豊富。これらは料理やお菓子の材料に使われます。

ドリンクでは、ブラック・バルサムという、ラトビアで18世紀半ばから飲まれている薬用酒が有名です。

ブラックバルサム    
ブラック・バルサム    

 


■参考文献
EATING THE LATVIAN WAY (~Cultural Profiles Project)


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→ メールフォーム




profile
カスタム検索
ラトビア
面積 6.4万km2
人口 約231.9万人
首都 リガ Ryga
住民 ラトビア人57.7%、ロシア人29.6%、ベラルーシ人4.1%、ウクライナ人2.7%、ポーランド人2.5%、リトアニア人1.4%、その他2%
言語 ラトビア語
宗教 カトリック、プロテスタント(ルター派)
建国 1990年5月4日 (ソビエト連邦より独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加