ケニア国旗 ケニアの料理

ケニア共和国 Republic of Kenya | アフリカ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


サモサ
ケニア料理の盛り合わせ
(上から時計回りに、サモサ、スクマキャベツののクリーム煮、ンゴンベスープ、チャパティ、カチュンバリサラダ、モキモ

オバマ米大統領のルーツの国

アフリカ大陸の東に位置し、国土の大部分を占める高原のサバンナ地帯の国立公園を訪れるために、世界中からの観光客も多い国ケニア。もとイギリス領のこの国には、キクユ族やルオ族、ルヒヤ族などざっと42もの土着の部族に加えて、かつて同じ英国領だったインドから労働力として連れてこられたインド人も暮らし、料理にもそうした歴史が影響されています。またケニアは、2009年にアメリカ大統領に就任したバラク・オバマ氏のお父さんの故郷でもあります。
アフリカ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
ケニア
ケニア

ケニア地図ケニアの伝統的な食材は、豆ととうもろこし、それにシーフードや、チキン、山羊肉、牛肉など。とうもろこしは粉にしてウガリ(Ugali)という蒸したお餅のような主食として食べられます。

ほかに、 ンゴンベスープ(ケニア風ビーフシチュー)と、添え物のケニア式マッシュポテトのイリオモキモ(マッシュポテトとビーンズ)、、肉の串焼きの ニャマ・チョマ (Nyama Choma)など。これらにインド料理のカレーやサモサ、チャパティが加わります。

ケニアの主な飲み物は、まずインド、中国に次ぎ、スリランカを抜いて世界第3位の生産量になったという紅茶をはじめ、各種フルーツジュースや、ビール。ビールのローカルブランドには日本にも輸入されているタスカー(Tusker)や、とホワイトキャップ(White Cap)があります。それにインド人のチャイや、サトウキビから蒸留されるケニアワイン、コーヒーリキュールのケニア・ゴールド、とうもろこしの蒸留酒などです。

参照→「ケニア・ウィーク」

モキモ


■参考文献
Eating the Kenyan Way (~Cultural Profiles Project)


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、世界の料理レシピ・ミュージアム館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、料理講師、レシピ開発のほか、在日大使館や大使公邸などでのシェフとしても活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→メールフォーム




カスタム検索
ケニア
面積58万367k㎡
人口約2,900万人
首都ナイロビ Nairobi
住民キクユ族、ルヒヤ族、ルオ族、インド・パキスタン系、白人
言語スワヒリ語、英語
宗教キリスト教、精霊信仰、イスラム教
建国1963年12月12日 (イギリスより独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加