カザフスタン国旗 カザフスタンの料理

カザフスタン共和国 Republic of Kazakhstan |アジア  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


カザフルタン料理
カザフスタンのラグマン

多民族国家の豊かな食卓

シルクロードの中継点である中央アジアに位置し、かつてはソ連に属していたカザフスタン。その伝統料理には遊牧民の習慣が残り、またカザフ人をはじめ、ロシア人、タタール人、ウクライナ人、ウズベク族、ウイグル人、ドイツ人、韓国(朝鮮)人など100以上の民族が平和に共存する多民族国家であるため、食卓にもモザイクのようにバラエティな文化が反映されています。
アジア
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
カザフスタン
カザフスタン

カザフスタン地図遊牧民の料理は、羊やそのミルク、チーズやパン。中央アジア一帯で見られる羊料理のほか、中東料理の基本である米や香辛料、野菜、豆、ヨーグルトや、さらにソ連時代にはロシアの料理が加わりました。

カザフスタンの主な料理は、ラグマン(ラグメン。羊肉入りのあんをかけたうどん)やポロ(プロフ。炊き込みご飯)、ゆでた羊肉、シシカバブ(羊肉の串焼き。シャシリク)、キュイルダク(Kuyrdak)という濃厚な羊肉のシチューをはじめ、ベスバルマク(Besbarmak)という肉とスープ麺、プラウ(Pulau)というドライフルーツとスパイスの炊き込みご飯、ケスペ(Kespe)というラディッシュととうがらしのスープ麺、イリムシク(Irimshik)という乾燥チーズボールなどがあります。

またカザフ人は馬肉をよく食べ、ガジー(Gazy)という馬肉ソーセージをはじめ、馬肉料理も少なくありません。料理にはしばしばヨーグルト(現地ではKatyk)が使われます。

これらに加えて、ロシア風の冷たい前菜ザクースカや、ボルシチ、ブリヌイ(パンケーキ)といったロシア料理も食べられています。さらに、カザフスタンにはソ連時代に移住させられた韓国(朝鮮)の人々が少数暮らしており、韓国風の料理も食べられています。またドイツ人もおり、彼らは、かつてこの地に退去・抑留され、とどまった人々の末裔だといいます。

来客のもてなしはカザフの人々にとって大切なことで、お客さんを歓迎するために、豪華でおいしい料理を用意して、一緒に楽しむのだそう。特に冬には毎週のように各家庭で宴が開かれるといいます。

また、南東の町アルマティではりんごで有名。アルマティという名もまさに"りんごの父"という意味なのだそうです。カスピ海に面した地域ではチョウザメの卵、すなわちキャビアが市場に並びます。

カザフスタンでポピュラーな飲み物は、チャイや、クミス(Koumyss)という発酵させた馬のミルク、シュバット(Shubat)という同じく発酵させたラクダのミルク、そしてロシアから伝わったウォッカなどです。


ケバブ アルマティのりんご キャビア
カザフスタンのケバブ アルマティの市場で売られるりんご 高価なキャビアがどっさりと...


■参考文献
EATING THE KAZAKH WAY (~Cultural Profiles Project)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習を行う際にお役に立てるよう公開しているものです。
 無許可での転用・転載はご遠慮ください。特に無断での情報の商業利用は固くお断りします。


※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→メールフォーム



author

※上記のリンク情報は、個人の方々に世界の料理の魅力を広く知っていただくことを目的に制作したリストです。無断転用・転載はご遠慮ください。
  特に無断での商業利用は固くお断りします。

カスタム検索
カザフスタン
面積 272万4900km2
人口 約1,490万人
首都 アスタナ Astana
住民 カザフ人(53.4%)、ロシア人(30.0%)、ウクライナ人(3.7%)、ウズベク人(2.5%)、ドイツ人(2.4%)、タタール人(1.7%)、ウイグル人(1.4%)、ベラルーシ人(0.7%)、韓国・朝鮮人(0.5%)
言語 カザフ語、ロシア語
宗教 カザフ人の間ではイスラム教スンニー派が優勢
建国 1991年12月16日 (ソビエト連邦より)


アルマトイ
アルマトイは天山山脈のふもとに位置するだけあって、緑豊かな美しい町です。
道中、食べ物といえばケバブや煮物ばかり。さすがに日本食が恋しくなってきました。


■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加