イタリア国旗 イタリアの料理

イタリア共和国 Republic of Italy | ヨーロッパ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


ピッツァマルゲリータ
ナポリ名物ピッツァマルゲリータはイタリアの国旗色を表している。
トマトやシーフードの鮮やかな色合いに、見ただけで思わず食欲をそそられるイタリア料理。イタリアといえば、"スローフード"ムーブメントの発祥地。チーズひとつにしても、伝統の製造技術を守るため法律で厳しく制限されているといいます。食べることを愛し、人生を謳歌するといったイタリア人像も、こんな基盤があってこそなのかもしれません。

イタリアは地方色がとても豊かで、料理にもそれぞれの地域ならではの特色があります。ではその各地方ごとの料理について解説しましょう(内容は徐々に追加していきます)。
ヨーロッパ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
イタリア
イタリア

イタリアの地方料理
南イタリア

■ラツィオ(ローマ)の料理 (州都:ローマ)
 -歴史ロマンあふれるイタリアの首都は羊料理が豊富
■カンパニア(ナポリ)の料理 (州都:ナポリ)
 -南イタリアでもっともおいしい料理
■バジリカータの料理 (州都:ポテンツァ)
 -羊や山羊乳のチーズ造りが盛ん
■プーリアの料理 (州都:バーリ)
 -オリーブオイルをベースにしたシンプルな料理
■カラブリアの料理 (州都:カタンザーロ)
 -とうがらしを多用した料理が特徴的
■シチリアの料理 (州都:パレルモ)
 -アラブやスペインの影響を今も残す食文化
■サルデーニャの料理 (州都:カリアリ)
 -スペインの影響。からすみと羊料理が特徴的

北イタリア
■ピエモンテの料理 (州都:トリノ)
 -世界三大珍味・白トリュフの生産地
■リグーリアの料理 (州都:ジェノヴァ)
 -ジェノベーゼ・ソースの生まれ故郷
■ロンバルディアの料理 (州都:ミラノ)
 -
■エミリア=ロマーニャの料理 (州都:ボローニャ)
 -
■ヴェネトの料理 (州都:ヴェネチア)
 -
■フリウリの料理 (州都:ウーディネ)
 -イタリアと、ハプスブルグ、東方スラブの食文化が共存
■トスカーナの料理 (州都:フィレンツェ)
 -
■ウンブリアの料理 (州都:ペルージャ)
 -良質な黒トリュフとオリーブの産地


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸なのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→メールフォーム




カスタム検索
イタリア
面積30万1,268k㎡
人口約5,800万人
首都ローマ Roma
住民イタリア人、少数のドイツ系、フランス系、スラブ系、中東、アフリカ系
言語イタリア語
宗教ローマ・カトリック
建国1861年3月17日統一


シシリア
イタリアとひと口にいっても、北と南では気質も人の顔立ちもかなり違うようです。

南端のシチリア島はマフィアと連想されて「危険なところ」と思っている人もいるようですが、実際は違うんです。

人は優しいし、海はきれいだし、それに実が真っ赤なのシチリア・オレンジがたわわに実る美しいところでした。百聞は一見にしかずですね。


■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加