イラン国旗 イラン(ペルシャ)の料理

イラン・イスラム共和国 Islamic Republic of Iran | 中東  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


マヒチェ
マヒチェ

悠久の歴史を持つ多民族国家

「アーリア人の国」を意味するイラン(西洋ではペルシアといわれた)。その起源は紀元前3000年頃に始まるといわれ、かつては世界の中心として栄華を極め、富が集中したことから「世界の半分」といわれたこともある、古い古い歴史を持つ国です。
中東
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
イラン
イラン

イラン全図現在のイランは30の州からなり、北にカスピ海とアゼルバイジャン共和国、トルクメニスタン、南にペルシア湾とオマーン海、西にはトルコとイラク、東はアフガニスタンとパキスタンと国境を接しています。日本の約4.5倍という国土面積には、イスラム教を国教としながら、国民の約半分を占めるペルシア人(ペルシア語を話す人)のほか、アゼリー(アゼルバイジャン語を話す人)、ギーラーン人、クルド人、アラブ人、バローチ人、トルクメン人、ユダヤ人、アッシリア人などが暮らす、多民族国家をなしています。

そのため、地域や民族によって料理もさまざまです。主食はナン(今ではインド料理で有名ですが、もともとペルシアからインドに伝わったものといわれています)がメイン。アーモンドや干しぶどう、スパイスを料理にふんだんに取り入れています。

地域ごとの料理には、たとえば、ケバブ(キャバーブ)や、カスピ海でとれるキャビア(チョウザメの卵)、魚の燻製などはカスピ海沿岸の食文化で、その地ギーラーンでは、クルミのペーストや、ザクロジュースのソース、それに、魚のシチューのガリーエ・マーヒーや、エビのシチューのガリーエ・メイグーなどがポピュラー。今ではイラン全域で親しまれている料理も少なくありません。ポロウマヒチェといったお米料理や、ククという、具入りの玉子焼きのような料理もあります。ザクロはイランの特産品のひとつであり、ざくろを使ったスープのアシュエ・アナーいう料理も。

現在のイランはイスラム国家であるため、お酒はご法度。ただし薬用酒として飲まれることはあるようです。ちょっと気の抜けた、コカコーラの模造品のような?ザムザムコーラなんていう飲み物もあるくらい。ただし、革命前にはお酒が飲まれていたそうです。ワインは紀元前のイランが発祥といわれ、今もオーストラリアなどでポピュラーなぶどう品種"シラーズ"は、イラン中南部のその名もシラーズという都市に由来するものともいわれています。


■参考文献


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習を行う際にお役に立てるよう公開しているものです。
 無許可での転用・転載はご遠慮ください。特に無断での情報の商業利用は固くお断りします。


※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→メールフォーム



author

※上記のリンク情報は、個人の方々に世界の料理の魅力を広く知っていただくことを目的に制作したリストです。
  無断転用・転載はご遠慮ください。特に無断での商業利用は固くお断りします。

カスタム検索
イラン
面積163万3,188k㎡
人口約6,200万人
首都テヘラン Teheran
住民ペルシア人、トルコ(アゼルバイジャン)系イラン人、クルド人、アラブ系など
言語ペルシア語、トルコ語、クルド語も併用
宗教イスラム教98%(シーア派93%、スンニ派5%)
建国1925年王朝創設、1979年4月1日(イラン革命を経て成立)


イラン
イランは本当にいい所です。確実に今まで行った中のベスト3に入ります。女性にはちょっと旅行しにくいですが…。

気候もいいし、食事もうまくて最高です。 (イラン~イスファハンにて)


■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加