アイスランド国旗 アイスランドの料理

アイスランド共和国 Republic of Iceland | ヨーロッパ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


フィッシュボール
タラとタマネギのフィスキボール(Fishibollur)

クリーンな環境で育った魚とラム

北極圏に近く、火山と温泉のある国としても知られるアイスランド。北大西洋の汚染されていない海から捕れる魚や、クリーンな環境の山を自由に動き回って育った羊(ラム)、そしてたびたび国際的な賞を受賞しているチーズなどの酪農製品と、その食材は世界でも有数の質の高さを誇っています。
ヨーロッパ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
アイスランド
アイスランド

アイスランド地図そんなわけで、スカンジナビアからの移住者も多いアイスランドでは、魚介と羊、そして、豊富な天然の間欠泉の地熱を利用して温室栽培された野菜の料理が食卓に並びます。魚はサーモンやタラ、カレイ、オヒョウ、ニシン、エビなどがアイスランド人の好み。

またアイスランドには全人口の50倍近い数の羊がおり、生後4ヶ月程度の仔羊が臭みもなく最高とされます。羊のほかにも鴨やライチョウ、トナカイなどの野生動物の肉もあります。

魚や肉はそのまま食べられたり、また燻製や干物にされる場合も。主な料理には、アイスランドの伝統料理である仔羊の燻製・ハンギキョート(Hangikjot)や、スパイスをまぶしたタラの干物・ハルズフィスクール (Hardfiskur)、スコットランドのハギスに似たスラトゥア(Slatur 英語のslaughter=虐殺と同じ意味)、スカンジナビア半島からもたらされたと思われるチーズのようなスキ-ル (Skyr)、ミンチした魚のお団子フィスキボール、マリネしたニシンやサーモンなどがあります。

飲み物では、天然水を使ったビール(ローカルブランドはエギール、ヴィーキング)や、”ブレンニヴィン”、”ブラック・デス(Black Death)”というアクアヴィット(強い蒸留酒)などがあります。


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸なのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→メールフォーム




カスタム検索
アイスランド
面積10万3,000k㎡
人口約30万人
首都レイキャビク Reykjavik
住民アイスランド人(ノルウェー系)
言語アイスランド語
宗教福音ルーテル教会
建国1944年6月17日 (デンマークより独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加