ハイチ国旗 ハイチの料理

ハイチ共和国 Republic of Haiti | カリブ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


チキンウィングと黒豆の煮込み
チキンウィングと黒豆の煮込み

フランスの影響を受けたクレオール料理

カリブ海に浮かぶイスパニョーラ島をドミニカ共和国と分け合うハイチ。世界で最初の黒人による共和国として、1804年にフランスから独立しました。
北中米・カリブ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
ハイチ
ハイチ

ハイチ地図伝統的なハイチの料理は、西アフリカとフランスの文化がミックスしたクレオール。国土には肥沃な土地が少なく、決して豊かな国ではありませんが、フランスの影響もあって、料理の味はカリブの中ではトップレベルともいわれます。

とうもろこしやキャッサバ、プランテーン(調理用バナナ)、そして米を主食に、グリロ(Grillot)というマリネした豚肉を揚げた料理や、巻貝を焼いたランビ(Lambi)、ラグ・デ・ベフというハイチ風ビーフシチュー、豚のオーブン焼きグリオ、鶏の手羽先と黒豆の煮込みがポピュラーです。グリロには、ソース・ティ・マリスというレモンやすっぱいオレンジ、とうがらし、塩、スパイスで作った非常に辛いソースを付け合せます。

ところで、東京の喫茶店チェーン「カフェ・ハイチ」には、ハイチ風ドライカレーというメニューがあり、人気があるのですが、実際のハイチには、カレーはまったくといっていいほど見かけないそうです(ただし、同じカリブのフランス海外県であるマルティニークやグァドループでは、コロンボというヨーロッパ風のカレーがよく食べられています)。

また、ハイチの飲み物といえばコーヒーとラム酒。ただし輸出用がほとんどで、国内ではあまり消費されていないようです。

   
ラグ・デ・ベフ    


■参考文献
EATING THE HAITIAN WAY (~Cultural Profiles Project)


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸なのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→メールフォーム




カスタム検索
ハイチ
面積2万7,750k㎡
人口約760万人
首都ポルトープランス Port-au-Prince
住民黒人が大多数、他フランス系と黒人の混血
言語フランス語(公用語)、クレオール語
宗教カトリック、ブードゥー教
建国1804年1月1日 (フランスより独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加