ギニアビサウ国旗 ギニアビサウの料理

Republic of Guinea-Bissau | アフリカ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


ポルトガルの旧植民地

西アフリカの海岸部に面し、サバンナ気候が国土のほとんどを占めるギニアビサウ。アンゴラなどと同様、15世紀半ばから1974年に独立するまで、非常に長い間ポルトガルの植民地だったことから、現在でもポルトガルの影響を残す国です。
アフリカ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
ギニアビサウ
ギニアビサウ

ギニアビサウ地図ただし公用語はポルトガル語ですが、バランテ族やフラニ族などいくつかの部族間のコミュニケーションには、ポルトガル語をもとにしたクレオール語が使われるようです。

ギニアビサウの料理は、魚(調理法例:魚フライ)やキャッサバ、ピーナッツソースなど典型的な西アフリカの食材のほか、ポルトガル人がもたらした豚肉や乳製品もポピュラー。野菜や果物も豊富です。

また、ギニアビサウの周辺では、Aframomum Melegueta(ギニアペッパーとも呼ばれる、カルダモンに似た香りとペッパーのような辛味を持つ香辛料)が育ち、これをしばしば料理の調味料として使用します。


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、世界の料理レシピ・ミュージアム館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、料理講師、レシピ開発のほか、在日大使館や大使公邸などでのシェフとしても活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→ メールフォーム




profile
カスタム検索
ギニアビサウ
面積 36,125km2
人口 約125.6万人
首都 ビサウ Bissau
住民 バランタ、フラ、マンジャカ、マンディンカ、パペウ等
言語 ポルトガル語(公用語)
宗教 原始宗教、イスラム教、キリスト教
建国 1974年9月10日 (ポルトガルより独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加