エストニア国旗 エストニアの料理

エストニア共和国 Republic of Estonia |ヨーロッパ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


エストニアの魚料理
バルト海の恵み・魚のフライ

こってりした北国の料理

大相撲の大関・把瑠都の出身地でもある、バルト海に面したバルト三国のひとつでもあるエストニア。冬が長く寒く、ロシアなど周辺の国と同じように、シチューや、ローストした肉など、比較的こってりとした食べ物が多いようです。料理は、ドイツやスウェーデンの影響を受けており、じゃがいもや乳製品を多用するほか、ハーブをよく使い、またバルト海に面した地域では、魚をよく食べます。
ヨーロッパ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
エストニア
エストニア
エストニアでは短い夏が訪れると、森で採れたきのこや、じゃがいも、いちごやラズベリーなどの果物、そして"Kasemahl"と呼ばれる白樺の樹液で作ったジュースなど、ライトで健康的な食事に切り替わるのだとか。

主食は黒パン。また、バルト海に面しているため、ニシンやウナギ、カレイ、ヒラメなどの魚の料理も食べられています。ニシンの小魚、レタス、輪切りのゆで卵、よく熟したトマトを黒パンの上に乗せて食べるのがポピュラー。

ほかには、乳製品もいろいろあり、サワーミルクの一種であるケーフィル、コテージチーズの一種コフピーム、サワークリームハプコールなどを、エストニアの人々はよく食べます。中でも"ハプコール"は、ロシアのスメタナのように、あらゆるエストニア料理の添え物として活躍している一品。

お菓子では、カマという、日本のきなこのような粉を使った"カマ・チョコレート"、アーモンドで作る"マジパン"なども。また、カマは、夏場に、先のケーフィルに溶かして飲んだりします。


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、世界の料理レシピ・ミュージアム館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、料理講師、レシピ開発のほか、在日大使館や大使公邸などでのシェフとしても活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→ メールフォーム




profile
カスタム検索
エストニア
面積 4.5万km2
人口 約135.1万人
首都 タリン Tallinn
住民 エストニア人65.3%、ロシア人28.1%、ウクライナ人2.5%、ベロロシア人1.5%、フィン人1%、その他1.6%
言語 エストニア語
宗教 プロテスタント(ルター派)、ロシア正教等
建国 1991年 (ソビエト連邦から)


エストニア
タリンの美しいヴィル通り。エストニア人は、一見、冷たく見えるかもしれませんが、実はシャイなだけなんだそうです。万国共通な、北国の人の特徴かもしれませんね。


■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加