赤道ギニア国旗 赤道ギニアの料理

赤道ギニア共和国 Republic of Equatorial Guinea | アフリカ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


アフリカの赤道直下の国

まさに赤道直下に位置する熱帯気候で、カメルーン、ガボンと国境を接する西アフリカの国・赤道ギニア。15世紀にポルトガル人が植民地とした後、18世紀にはスペインに割譲され、1962年に独立しました。近年は油田の開発が始まってビジネス客の来訪が増え、ヨーロッパからのフライトが増えました。
アフリカ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
赤道ギニア
赤道ギニア

赤道ギニア地図赤道ギニアの料理は、そうした歴史からポルトガルやスペインの影響を受けています(公用語はスペイン語、第二公用語はフランス語です)。スペイン人は牛や鶏を育てる技術を導入したといいます。海に面しているため魚もよく食べます。

これらは、グリルされて砕いたかぼちゃの種と供されたり、チキンをピーナッツバターやクリームソースで煮て、ゆでたプランテーン(調理用バナナ)やご飯と一緒に供されたりします。他の西アフリカの諸国と同様、キャッサバやヤムいももポピュラー。またアタンガ(Atanga)という巨大な実を塩ゆでして食べることもあります。

また、ギニア界隈はフランス料理などで食べられるホロホロ鳥(英語名Guineafowl)の原産地で、食用にすることもあります。


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→ メールフォーム




profile
カスタム検索
赤道ギニア
面積 28,057km2
人口 約49.4万人
首都 マラボ Malabo
住民 ブビ族、ファン族、コンベ族、ベレンゲ族等
言語 スペイン語(公用語)、仏語(第2公用語)、ブビ語、ファン語
宗教 キリスト教(99%)、伝統宗教
建国 1968年10月12日 (スペインより独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加