コスタリカ国旗 コスタリカの料理

コスタリカ共和国 Republic of Costa Rica | 中央アメリカ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


コスタリカ料理
コスタリカ料理の盛り合わせ

シンプルな味付けの料理

南米大陸と北米大陸のちょうど中間あたり、インカ文明とマヤ文明の境目のあたりに位置するコスタリカは、人口が少なく、これといった歴史旧跡もないものの、珍しい動植物の宝庫として有名。
北中米・カリブ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
コスタリカ
コスタリカ

コスタリカ地図政治的に不安定な国の多い中米では例外ともいえる平和的な国家であり、「中米のスイス」とも呼ばれています。米と豆を主食にした料理は、いたって質素。コスタリカではメキシコのように料理にスパイスをあまり使わず、塩と胡椒の粒のみのシンプルな味付けが特徴です。

赤飯をチャーハンにしたような上記のガジョ・ピント(斑模様の雄鶏の意味。→レシピ)は、コスタリカの国民的な朝食。また、肉やチョリソ(ソーセージ)、豆ごはん、プラタノ(バナナ)、トマトやレタス、チャヨーテ(瓜の一種)、ユカ、ポテトなどを盛り合わせにした定食カサード(英語の"Married"の意味)はランチによく食べられています。

ほかには、牛すね肉やにんにく、セロリ、タマネギ、とうもろこし、チャヨーテなどを煮込んだスープオージャ・デ・カルネ、アチョーテという木の実で色づけたオレンジ色のごはんと鶏を盛り合わせたアロス・コン・ポージョ、スズキやタコ、エビなどとレモン汁のカクテルセビッチェ (これはペルーやエクアドルなどでもポピュラー)、そしてエバ・ミルクと牛乳でごはんを炊いて砂糖とシナモンで味付けたデザートアロス・コン・レーチェ(こちらもメキシコなどでも食べられている)もポピュラーな食べ物です。

また、南国らしくフルーツ類は豊富で、オレンジ、ライム、タマリンド、パイナップル、バナナ、いちごなどのフレッシュジュースやミルクセーキが街のどこででも飲めます。 また、コスタリカは生産量は少ないものの、高品質のコーヒーの産地として知られています。


■参考文献


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習を行う際にお役に立てるよう公開しているものです。
 無許可での転用・転載はご遠慮ください。特に無断での情報の商業利用は固くお断りします。


※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→メールフォーム



author

※上記のリンク情報は、個人の方々に世界の料理の魅力を広く知っていただくことを目的に制作したリストです。
  無断転用・転載はご遠慮ください。特に無断での商業利用は固くお断りします。

カスタム検索
コスタリカ
面積5万1,100k㎡
人口約350万人
首都サンホセ San Jose
住民白人および混血95%、黒人3%、先住民2%
言語スペイン語
宗教カトリック95%
建国1821年9月15日 (スペインより独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加