クック諸島国旗 クック諸島の料理

クック諸島  Cook Islands| オセアニア  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて



キャプテン・クックが発見した、ポリネシアの島国

1770年、キャプテン・クックことイギリス人の海洋探検家ジェームズ・クックが発見したことから名づけられた、ニュージーランドの北東部、南太平洋に位置するクック諸島。15の島からなり、ポリネシア系マオリ人が人口の大半を占める国です。2011年3月に日本が国家として承認しました。現在、日本を含め27カ国およびEUがクック諸島を国家承認しています。クック諸島は1901年から1965年までニュージーランド領であり、現在も国民はニュージーランド人としての権利を持ち、同国への出稼ぎも多いそうです。最近は「最後の楽園」として日本人観光客誘致にも熱心なようです。
オセアニア
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
クック諸島
クック諸島

クック諸島地図クック諸島では、さまざまな柑橘類やトロピカルフルーツ、栗の一種の木の実、野菜、そしてヤシの実が1年を通して収穫され、また島国らしく魚介類が豊富です。

伝統的な料理は、ポリネシアの伝統的なウムカイ(Umukai)と呼ばれる、地面を掘り、バナナの葉を乗せた魚や肉の蒸し焼き。また、生の魚介をココナツミルクで和えたイカマタ、"海のスパゲッティ"とも呼ばれる、マトゥロリ(Matu rori)=ナマコに、調理した青バナナとレモン添えた料理も名物です。

飲み物では、トゥムヌ(Tumunu)という、発酵したオレンジを醸造した伝統酒がポピュラーです。


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸なのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→メールフォーム




カスタム検索
クック諸島
面積約237k㎡
人口 約22,600人
首都 アバルア Avarua
住民 ポリネシア系クック諸島マオリ人91%、混血ポリネシア系4%
言語 マオリ語、英語
宗教 キリスト教97.8%(クック諸島教会派69%、ローマ・カトリック15%)
建国 1965年8月4日(ニュージーランドより独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加