コンゴ人民共和国国旗 コンゴ(旧ザイール)の料理

コンゴ民主共和国 Democratic Republic of the Congo | アフリカ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


コンゴ風チキンシチュー
ソソヤ・ムアンバ
(コンゴ風チキンシチュー)

アフリカで三番目に大きい、旧ベルギー領の国

アフリカ中央部の内陸地、コンゴ川の流域にあり、アフリカ大陸で三番目に大きい面積を持つ国コンゴ民主共和国。旧名はザイール(もうひとつ、隣に旧フランス領だったコンゴ共和国という別の国がある)。もとベルギー領のこの国は、国民のほとんどがキリスト教徒(カトリックが大半)です。
アフリカ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
コンゴ民主共和国
コンゴ民主共和国

コンゴ地図アフリカ南部に多いバンツー系をはじめとする部族から構成されるコンゴの典型的な食事は、とうもろこしの固い練り粥(ウガリ)を添えた、魚やチキン、牛肉、ラムなどの具のいずれかを加えたピーナッツソース入りのピリ辛いシチュー(ムアンバ)です。また、バナナの葉に魚介を包んで蒸し焼きにしたリボケなども。

とうもろこしやキャッサバは昔、ポルトガル人によって南米からアフリカにもたらされました。米が主食の場合もあります。シチューは味付けを控えめに作り、食べるときに各自の好みでコショウなどを加えて調味することが多いようです。

都市部での朝食は、カフェオレとバゲットといったヨーロッパ式のケースも珍しくありませんが、一方で田舎では、ワニやサルなどの野生動物の肉や、毛虫やシロアリ、コオロギといった虫をごちそうとするところもあります。

またコンゴでポピュラーなドリンクは、パッションフルーツのジュースやしょうが汁入りのパイナップルジュース(タンガウシー・アナナシ)、ジンジャービール、お酒では、Skol and Primusブランドのビールやパームワイン(椰子酒)、バナナビール、サトウキビ酒、自家製のジンなど。コンゴではお酒を飲む前、のどの渇いたご先祖様のために、少量のお酒を大地に捧げる習慣があります。

 

ウガリ
ウガリ


■参考文献
EATING THE CONGOLESE WAY (~Cultural Profiles Project)


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→ メールフォーム




profile
カスタム検索
コンゴ民主共和国
面積 226.7万km2
人口 5,380万人
首都 キンシャサ Kinshasa
住民 バンツー系、ナイル系等
言語 フランス語(公用語)、キコンゴ語、チルバ語、リンガラ語、スワヒリ語
宗教 カトリックを中心としたキリスト教(85%)、イスラム教(10%)、その他伝統宗教(5%)
建国 1960年 (ベルギーより独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加