コモロ国旗 コモロの料理

コモロ連合 Union of Comoros | アフリカ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


サモサ
マイヨット島のサンボス

アフリカやアラブ、アジアの混ざった文化

インド洋のアフリカ大陸寄り、マダガスカルの北西にある島国コモロ。古くはマレーやポリネシア、さらにアラブ人、バンツー系の南部アフリカ人らが移り住み、19世紀半ばからフランス領された後、1975に独立したクレオールの文化あふれるイスラム教国です。
アフリカ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
コモロ
コモロ

コモロ地図コモロはコモロ諸島の大半を国土としていますが、唯一、マイヨット島のみフランスの海外準県となっています(コモロ政府は領有権を主張)。料理にはアラブやインドの影響がうかがえ、スパイスをきかせたクレオール風料理が特徴的です。

たとえばサンブーサ(サンボス、サモサ)やクスクス、またカレーのような、肉や魚とココナッツミルク、スパイスの煮込み。海の幸やキャッサバ(ポルトガル人が南米からもたらしたものと思われる)、バナナもよく食べられています。


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→ メールフォーム




profile
カスタム検索
コモロ
面積 2,236km2
人口 約60万人
首都 モロニ Moroni
住民 バントウ系黒人を主流にアラブ人、マダガスカル人、インド人等
言語 フランス語・アラビア語(公用語)、コモロ語(スワヒリ語に近い)
宗教 イスラム教
建国 1975年7月6日 (フランスより独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加