カナダ国旗 カナダの料理

カナダ Canada | 北アメリカ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


メープルシロップ入りスープ
ケベック風 豚肉のメープルシロップ入りスープ

イギリス、フランスと、多民族の料理

世界で2番目に大きな国土と雄大な自然を誇る、北アメリカの国カナダ。イギリスとフランスの植民地連合体として、現在も地域によって英語圏、フランス語圏に分かれ、また、「多様性こそわれわれの力」として多文化政策を長く実践してきた国であり、世界中から移民、難民を受け入れてきました。現在ではイギリス系、フランス系、先住民族以外の出自を持つ人々が、カナダの全人口の5分の2を占めているといいます。
北中米・カリブ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
カナダ
カナダ

カナダ地図自然の恵み豊かなカナダは、食材も豊富。たとえば、東海岸のロブスターやホタテ、ニューファウンドランドのタラ、北極圏のあざらし、西部の大平原のバッファローやカリブー(トナカイ)の肉、太平洋のサーモン、北米大陸原産の七面鳥(11月のアメリカの感謝祭に対して、カナダでは10月第2週の感謝祭に食べる習慣がある)、東海岸のフランス語圏・カナダ特産メープルシロップを使ったケベックの料理…。

もちろんこれらに加えて、イギリス、フランスをはじめとする入植者たちの故郷の伝統料理も忘れてはいけません。どちらかというとフランス系住民の多いケベック州などの方が料理に関しては充実しているようです。カナダならではの料理のひとつに、ケベック生まれのダンプリング(ポテトフライ)にグレービーソースとチェダーチーズをかけた軽食のプーティンがあります。

一方、トロントやバンクーバーなどの都会には、中国やアイルランド、ポーランド、ウクライナなど世界各国からの移民たちによる各国料理店も多く、さまざまな料理を食べることができます。

カナダの飲み物といえば、カナダドライのジンジャーエールや、凍ったぶどうを絞って作るオンタリオ州のアイスワインが世界的に有名です。また日本ではあまり知られていませんが、普通のワインの生産も盛んです。


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、世界の料理レシピ・ミュージアム館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、料理講師、レシピ開発のほか、在日大使館や大使公邸などでのシェフとしても活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→メールフォーム




カスタム検索
カナダ
面積997万610k㎡
人口約3,000万人
首都オタワ Ottawa
住民イギリス系およびアイルランド系、フランス系、ドイツ系、ウクライナ系、イタリア系など。先住民。
言語英語、フランス語
宗教カトリック、カナダ合同教会、英国国教会、ユダヤ教など。
建国1867年7月1日(BNA法)、1931年12月11日(ウエストミンスター憲章)を経てイギリスより独立



バンクーバーのエア・カナダのラウンジです。ユナイテッドのレッド・カーペット・クラブはないですが設備はずっといいですね。 (カナダ~バンクーバーにて)


■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加