カメルーン国旗 カメルーンの料理

カメルーン共和国 Republic of Cameroon | アフリカ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


カメルーン料理
ンドレ
(右上はフーフー)

アフリカらしさが凝縮された熱帯の国

ナイジェリア、赤道ギニア、コンゴ、チャドなど6カ国と国境を接し、アフリカらしさを凝縮した"アフリカのミニチュア"とも呼ばれるカメルーン。カメルーンはポルトガル語のエビ(カマロエス)を語源とし、雨季と乾季に分かれた熱帯性気候の国です。
アフリカ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
カメルーン
カメルーン

カメルーン地図カメルーンの国土は、遊牧民、農耕民の暮らす北部と、熱帯雨林の農耕民が暮らす南部とに大きく分けることができます。食文化も違い、北部では、羊肉や牛肉のほか、とうもろこしなどの穀類が主食とされ、海岸に面した南部では、キャッサバやプランテーン(調理用バナナ)、魚などをパームオイルを使って調理する、西アフリカらしい食事がされています。

カメルーンの国民食ともいえる、もっともポピュラーな料理は、ンドレ(ドーレ)と呼ばれるほうれん草などの野菜やスパイスをミンチしたおかず。ご飯と一緒にいただきます。

ほかには、ピーナッツシチューなどのシチューと一緒に食べるフーフー(アフリカのおもちのような食べ物)、鶏やマトンなどの肉類、魚などがよく食卓に並びます。

カメルーンはまた、良質な紅茶の産地としても知られ、フランスなどヨーロッパに輸出されています。力強い特徴の"Cameroun Broken Orange Pekok Faning"が日本でも手に入ります。


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸なのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→メールフォーム




カスタム検索
カメルーン
面積47万5,442k㎡
人口約1,400万人
首都ヤウンデ Yaounde
住民バンツー系(南部、西部)、ハム、セム族の混血(中部,北部)
言語フランス語、英語、バミレケ語などの部族語
宗教伝統宗教39%,イスラム教22%、カトリック、プロテスタント
建国1960年1月1日 (フランスより独立。西南部はイギリスより1961年)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加