カーボベルデ国旗 カーボベルデの料理

カーボベルデ(カボベルデ)共和国 Republic of Cape Verde | アフリカ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


ポルトガルと西アフリカのクレオール文化

アフリカ大陸の大西洋側に位置し、10あまりの島からなる国カーボベルデ。大航海時代以降、インドや南米大陸に向かう重要航路の経由地としてポルトガルの植民地だった歴史を持ち、1975年にポルトガルから独立を果たしました。
アフリカ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
カーボベルデ
カーボベルデ

カーボベルデ地図カーボベルデは、もともとやせた土地の無人島だったところに、ポルトガル人が西アフリカから連れてきた黒人奴隷を住まわせた経緯があります。ポルトガル人との混血も進み、また、ポルトガルと南米の旧ポルトガル領ブラジルとの中継地点として、音楽、そして料理などにユニークなクレオール文化を育んできました。

カーボベルデの国民食といわれるカシューパ(もしくはカチュパ。Catchupa)などは、とうもろこしや豆、野菜、豚肉、ソーセージなどを煮込んだ、現在ブラジルでよく食べられているフェイジョアーダに似た、まさにヨーロッパと西アフリカの文化がミックスしたごった煮料理です。

ほかには、ポルトガル人の好んだバカリャウ(干しタラ)や車えびのグリル(ガンバ・クレオール)、ソーセージ、南米原産のキャッサバなども食べられています。

ドリンクは、さとうきびのラム酒アグアディエンテ(Aguardiente)や、コーヒー、シナモン、イチジクの葉、ペパーミント、オレンジまたはライムから作るお酒サンアンタオ(A San Antao)、またフォゴ島のローカル酒であるマネコム(Manecom)などがポピュラーです。


■参考文献
パリで出会ったエスニック料理


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→ メールフォーム




profile
カスタム検索
カーボベルデ
面積 4,033km 2
人口 約 44.6万人
首都 プライア Praia
住民 クレオール70%。その他、少数のヨーロッパ人(1%)を除くとアフリカ系住民
言語 ポルトガル語(公用語)、クレオール語
宗教 キリスト教(カトリック)
建国 1975年 7月5日 (ポルトガルより独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加