ブルンジ国旗 ブルンジの料理

ブルンジ(ブルンディ)共和国 Republic of Burundi | アフリカ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


もとベルギー領の中央アフリカの国

ブルンジは、ドイツ、ベルギーの植民地時代を経て、1962年に独立した中央アフリカの小さな国。伝統的に豆(特に赤いインゲンマメ)を主食とし、最近は米も食べられるようになりました。
アフリカ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
ブルンジ
ブルンジ

 

ブルンジ地図ほかには、プランテーン(料理用バナナ。ブルンジではIbitokeという)、さつまいも、キャッサバ、トウモロコシ等と、月に2、3度の肉料理。多くの料理は、ゆでるか、とろ火で煮るか、薪で焼くなど簡単な方法で調理され、乾燥したひょうたんを加工し、食器に使用しています。ボコ・ボコというアラブのおかゆハリームのブルンジ版料理もポピュラー。また、ブルンジの人々には、食事と一緒にデザートを食べる習慣がありません。

首都ブジュンブラなど数少ない都市には、ファーストフードやフランス料理、ギリシャ料理、インド料理などのレストランがありますが、高価なので、現地の多くの人は自分の家で食事をすることが多いようです。

飲み物は、祝いの席で飲む自家製のバナナ酒(Urwarwa)や、トウモロコシのお酒(Impeke)のほか、ハイネケンのライセンスによる、プリムス(Primus)ブランドのビールがブルンジ国内で醸造されています。地酒はしばしば、人々が甕を囲んで、長いストローを使って飲まれます。


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→ メールフォーム




profile
カスタム検索
ブルンジ
面積 27,830km2
人口 約6,231,221人
首都 ブジュンブラ Bujumbura
住民 フツ族85%、ツチ族14%
言語 公用語がルンディ語とフランス語。スワヒリ語も。
宗教 キリスト教67%、現地固有の宗教23%、イスラム教10%
建国 1962年7月1日 (ベルギーより独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加