ボスニア・ヘルツェゴビナ国旗 ボスニア・ヘルツェゴビナの料理

ボスニア・ヘルツェゴビナ Bosnia Herzegovina | ヨーロッパ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


ボスニア風野菜煮込み
ボスニア風野菜煮込み

オスマントルコの影響を強く受けた料理

ボスニアは、バルカン半島の北西、東ヨーロッパに位置する共和国。首都はサラエボ。旧ユーゴスラビアの1国で、クロアチア、セルビア、モンテネグロと国境を接しています。15世紀後半オスマン帝国の支配下に入るとともに大半のボゴミル教徒はイスラムに改宗し、他のバルカン諸国に例がないほど文化のトルコ化が進行しました。
ヨーロッパ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
ボスニア・ヘルツェゴビナ
ボスニア・ヘルツェゴビナ

ボスニア地図ボスニアの料理はオスマントルコの影響が強いムスリム食であり、こってりした味付けのものが多く、乳製品や肉がメインです。特に牛肉・ラム・子羊・豚肉を網焼きにしたり直火で焼いたりして食します。

一般的な前菜は、野菜や肉をじっくりローストして幅広で長い首がある陶磁器の壷に入れて供する料理(Bosanski Lonac)や、肉や米を詰めたロールキャベツ(Japrak)、チーズパイ(Sirnica)、ほうれん草パイ(Zeljanica)です。沿岸地域では新鮮な魚も食べられています。

ボスニアの料理には、シシケバブ(Shisi Kebabs)やチェヴァプチチ(挽肉のソーセージ。油でひたひたのパンの中央を開いて挟み、生玉ねぎを添えて食べる)、ブレク(Burek ; 挽肉・玉ねぎなどの詰め物を薄いパイ生地で細長く巻き鉄板で焼いた料理。チュニジアのブリックに近い)のようにトルコの食文化の影響が見受けられます。

オスマントルコの領土だった地域で共通して食べられている料理として、ドルメ、小さいオクラ・レンズ豆・牛肉のトマトソース煮込み(Bamja)、パスタの入った卵とじチキンスープ(チョルバ)があります。

デザートには果物やプリン、プレーンケーキのほか、特別な日にはバクラヴァ(Baklava)というお菓子も食べられています。Tufahijiaは林檎に胡桃をつめてホイップクリームを乗せたデザートです。

食事中はビールやワイン、ラキア(Rakija。トルコのラク。アニス風味のぶどうの蒸留酒で、水を入れると白く濁る)を飲み、食後はフレーバー・コーヒー(子供は牛乳やソフトドリンク)で締めます。

 

ボスニアの他の主な料理


ボサンスキ・ロナッツ(トマト味のシチュー)
ジャガイモなどの根野菜のシチューでトマト風味。ボスニアの郷土料理の定番とも言われている。

ソガンドルマ(たまねぎのひき肉詰め)
典型的なボスニア郷土料理。たまねぎ+ひき肉、つまりたまねぎの肉詰め。

サルマ(春菊の葉で肉を包んで煮込んだもの)
肉に米や野菜などを混ぜて団子状にして、春菊の葉やキャベツの葉でくるんで煮込んだ料理。何肉を使うか、何の野菜を使うか、何で巻くかは地域によって変わる。

(料理の情報提供:こっこちゃんさん)


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→ メールフォーム




profile
カスタム検索
ボスニア・ヘルツェゴビナ
面積 5.1万km2
人口 438万人(91年調査。国外に多くの難民がおり、国内の人口はこれよりもかなり少ない)
首都 サラエボ Sarajevo
住民 ボシュニャク人48%、クロアチア人14%、セルビア人37%
言語 ボスニア語、セルビア語、クロアチア語
宗教 イスラム教、セルビア正教、カトリック
建国 1992年3月 (ユーゴスラビア社会主義連邦共和国より)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加