ベリーズ国旗 ベリーズの料理

ベリーズ Belize | 中央アメリカ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


カリブ海・メキシコ・スペイン・マヤの食文化の融合

美しい海と珊瑚礁に恵まれ、「カリブ海の宝石」と呼ばれているベリーズは、中米のユカタン半島の東部に位置し、メキシコとグアテマラと国境を接する国、沿岸部にはマングローブの森があり、また世界第2のサンゴ礁を有しています。旧イギリス領で、現在も英語が公用語です。
北中米・カリブ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
ベリーズ
ベリーズ

ベリーズ地図ベリーズの料理は、カリブ海・メキシコ・スペイン・マヤの食文化が融合して形成されています。さらに、長年にわたってインド・中国本土・ナイジェリア・近傍の中央アメリカの国々から移民を受け入れてきたことや、観光事業における美食傾向が強くなり欧米の料理が取り入れられたことから、より一層国際色豊かになりました。

現在ベリーズでポピュラーな料理、たとえば米と豆やメスティソ・チモーレ、マヤ風カルド、ガリフナ・フドゥ(Garifuna hudut)、インドのカレーも、そのような背景でベリーズに定着したものです。

ベリーズではレカド(recado)と呼ばれる香辛料やハバネロ、ハラペーニョでスパイシーに仕上げるほか、ココナッツミルクもよく利用されます。米と豆(rice-and-beansまたはbeans-and-rice、後者は米と豆を別々に調理し、豆とグレービーソースを白米にかけたもので前者と区別されています)が主食として毎日のように食されています。これに似た料理で、干しエンドウとブタのテールを煮込んで白米にかけたものも人気です。

魚や肉は煮込んで食されることが多く、魚・牛のテール・牛肉・鶏肉・豚肉のほかロブスターもシチューの材料となります。このほか狩猟で得られる獣肉もよく食べられており、鹿やhicateeと呼ばれるウミガメ(タイマイは食用とすることが禁じられています)、イグアナ・パカは食用として人気があります。

その他、野菜と肉を一緒に煮たボイルアップチモーレ(chirmole)やレレーノ(relleno)といった黒いレカドを用いた真っ黒のスープや、フィッシュ・セレ(fish sere)やフドゥ(hudut)といった魚をココナッツミルク・コンク貝のスープ・牛足のスープで煮込んだ料理がベリーズ伝統料理として知られています。

これらの料理の付け合せとしては琥珀色に揚げたプランテーン(料理用バナナ)が添えられることが多いほか、ベリジャン(Belijun)と呼ばれるハインツのドレッシングで味付けしたポテトサラダやコールスローも好まれています。

とうもろこしや小麦で作られたトルティーヤに裂いた鶏肉・玉ねぎ・キャベツ・コリアンダーをはさんだタコスやミートパイ、コンク貝のフリッター、とうもろこしや鶏肉を入れたタマレスまたはタマリットス(ドゥクヌ(dukunu)と呼ばれる)はファーストフード感覚で手軽に路上で買うことができます。


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、世界の料理レシピ・ミュージアム館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、料理講師、レシピ開発のほか、在日大使館や大使公邸などでのシェフとしても活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→ メールフォーム




profile
カスタム検索
ベリーズ
面積 22,966km2
人口 272,945人
首都 ベルモパン Belmopan
住民 混血(メスティーソ)49%、クレオール黒人系25%、マヤ族11%、ガリフナ(黒人とカリブ族の混血)6% 他
言語 英語(公用語)、スペイン語、クレオール語、マヤ語、ガリフナ語
宗教 カトリック、英国国教会、メソジストなど
建国 1981年




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加