オーストラリア国旗 オーストラリアの料理

オーストラリア Commonwealth of Australia | オセアニア  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


オーストラリア料理
東西の移民料理がフュージョンした
醤油味のステーキ

バーベキューからエスニックフードへ

オーストラリアは、イギリスからの移民(特に庶民階層)が中心になって建国された国。そのため、長らくは、フィッシュ・アンド・チップスミートパイに代表されるようなイギリスの庶民料理や、アウトドアでも調理が簡単なバーベキュー料理が主流でした。
オセアニア
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
オーストラリア
オーストラリア

オーストラリア地図しかし、1970年代に白人を優遇した「白豪主義」が終わりを告げ、多文化主義を掲げるようになると、それまでのギリシャやアイルランドなどヨーロッパからの移民に加えて、アジアなど世界中から移民が集まりはじめ、今では、シドニーやメルボルンといった大都市には、各国のエスニック料理レストランがバラエティに軒を連ねています。

そのレストランの傾向は、貧しい国の人々の新天地、また世界の難民の人たちの移住先としてのオーストラリアの姿を現すべく、世界情勢とも深く関係しています。

たとえば、ベトナム戦争時代には、ベトナム難民の開いたベトナム料理店が増え、また香港が中国に返還される前には、香港人による広東料理の店が増え、最近では、戦争の起きたイラクやアフガニスタンの難民によるお国料理のレストランが登場して...といった具合です。

 

食の街・メルボルン

特に、メルボルンは、近年、世界でも有数の食の街として知られるようになりました。世界180ヶ国以上からの移民がもたらした多彩なエスニック料理はもちろん、海に面した街には新鮮な魚介類をはじめ、良質の牛肉や羊肉、珍しい野菜や果物などオーストラリア中のおいしいものが運ばれてくる大規模な市場"クィーン・ヴィクトリア・マーケット"があり、さらに近郊には、"ドン・ペリニヨン"で知られるフランスのワインメーカー"ドメーヌ・シャンドン"のワイナリーを含む、高品質ワインの産地ヤラ・ヴァレーを擁しています。

また、"アジアの調味料を使った西洋風ステーキ"といったフュージョン料理も誕生して、オーストラリアの食はさらに多彩になりつつあるようです。

一方、オーストラリア生まれのオリジナルの食べ物では、ベジマイト(Vegi Mite)が有名。野菜のペーストなのでカラダによさそうですが、真っ黒な見かけとビタミン剤のような味は、好き嫌いが分かれるところかも。また、ラミントンという、チョコレートやココナッツがかかった小さなスポンジケーキや、20世紀初めにオーストラリアを公演したロシアのバレリーナ、アンナ・パヴロワにちなんで名づけられたという、焼きメレンゲにホイップしたクリームとフルーツを乗せたお菓子パブロワ(レシピ)も、オーストラリアならではのデザートです。

イギリスの影響を受け継いだ料理には、フィッシュアンドチップスや、トマトソースをトッピングする小ぶりなオージー・ミートパイなどがあります。

そうそう、オーストラリアのネイティブである、アボリジニの人々の料理(ブッシュ・タッカーと呼ばれる)も忘れてはいけません。カンガルーやワニ、エミューのステーキや、蛾の幼虫ウィチュティ・グラブズ(Witchetty Grubs)の直火焼きなどで、ほとんど調理を必要としないワイルドな料理が多いのですが、これが本当のオーストラリア料理といえるものかもしれませんね。ケアンズやシドニーには、このブッシュ・タッカーをモダンにアレンジして提供しているレストランもあるようです。


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、世界の料理レシピ・ミュージアム館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、料理講師、レシピ開発のほか、在日大使館や大使公邸などでのシェフとしても活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→メールフォーム




カスタム検索
オーストラリア
面積 774万1220k㎡
人口 約1,800万人
首都 キャンベラ Canberra
住民 ヨーロッパ系(イングランド、スコットランド、アイルランド系中心)、イタリア系、ギリシャ系、アジア系、原住民(アボリジニ)
言語 英語
宗教 キリスト教76%(オーストラリア英国国教会、カトリック、ギリシャ正教)
建国 1901年1月1日 (イギリスより独立)


オーストラリア
初めてオーストラリアに来ました。アメリカと比べ、シドニーでさえ、緊張感のない田舎ですが、油断は出来ません。アジア人が極端に少ない分、狙われたら終りです。

あこがれの「インディアン・パシフィック」の車内はすごくにぎやかです。
(オーストラリア~カルガリー付近にて)


■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加