アルジェリア国旗 アルジェリアの料理

アルジェリア民主人民共和国 People's Democratic Republic of Algeria | アフリカ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて



チュクチェカ

ベルベル人、アラブ人、トルコ人の文化がミックス


「ここは地の果てアルジェリア…」と、日本では歌謡曲”カスバの女”で歌われた、地中海に面する北アフリカのアルジェリア。実は、首都アルジェにある、この城壁で囲まれた要塞カスバをはじめ、現在、国内に7つもの世界遺産を有する、歴史が古く、観光的な見どころも多い国です。サッカーの元フランス代表の主将ジネディーヌ・ジダンのご両親の出身地でもありますね。
アフリカ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
アルジェリア
アルジェリア

 

アルジェリア地図アルジェリアは、北アフリカの先住民ベルベル人と、歴代の宗主であったアラブ人やトルコ人の文化がミックスした料理が特徴的です。ラムや家禽類、野菜の素朴な煮込みを主としたベルベル人の伝統料理に、アラブ人やトルコ人のもたらした数々のスパイスやオリーブオイル、多彩なパンが加わりました。

さらに19世紀に支配下となったフランスの影響で、アペリティフやデザートの習慣ができたり、トマトピューレが使用されるようになりました。国民食としてよく食べられているのは、セモリナ小麦を粒状にしたクスクス(右下写真)。通常は蒸して、肉(羊肉が多い)や野菜を添え、その煮汁をかけていただきます。

ほかに、ブリック(薄いパイ皮のようなフィロに肉や卵、タマネギをはさんで焼いた料理)や、ラム肉を炭火焼きしたメショウイ(Mechoui)、スパイシーなラム肉のソーセージ、メルゲズ・ショルバ(Merguez Chorba)、スパイスで味付けした野菜の玉子焼きチュクチェカ、スパイスで味付けした肉を野菜に詰めたドルマ(Dolma)。

北西部の地中海沿岸の街オランでは、対岸のスペインの影響を受けてパエリヤもポピュラーです。また、南部の砂漠地帯では、ちぎったパンをシチューに入れて食べたりします。

アルジェリアは、隣国のチュニジアやモロッコと同様、ペストリー菓子の種類が豊富。いちじくとナツメヤシの実が入ったマクロード(Makroud)や、三日月型でアーモンド入りのチャカブ(Chacab)、バターとはちみつを塗った焼きセモリナのタミナ(Tamina)など、日本人の感覚では甘すぎるお菓子も少なくないのですが…。

飲み物では、濃いトルココーヒーがよく飲まれています。コーヒーに水が添えられるのが、アルジェリア流。またモロッコと同様、生のミントの葉入りのお茶や、フレッシュな果物のジュースも。独立前はフランス向けワインの生産が盛んでしたが、現在は国内のイスラム教徒はアルコール厳禁とされ、ワイン産業の規模は縮小しています。

クスクス  
アルジェリアのクスクス  


■参考文献
EATING THE ALGERIAN WAY(~Cultural Profiles Project)


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、世界の料理レシピ・ミュージアム館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、料理講師、レシピ開発のほか、在日大使館や大使公邸などでのシェフとしても活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→ メールフォーム




profile
カスタム検索
アルジェリア
面積 2,381,740km2
人口 32,129,324人
首都 アルジェ Algiers
住民 アラブ人(80%)、ベルベル人(19%)、その他(1%)
言語 アラビア語(公用語)、フランス語
宗教 イスラム教(スンニー派)
建国 1962年7月5日




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加