トリプラ料理

トリプラ

インド圏と異なった文化を持つエリア

北東インドのナガランド州とバングラデシュに国境を接するトリプラ州は、ナガランドと同様、本来は他のインド圏と異なった文化を持つエリア。緑の谷と密林に少数民族が暮らし、昔ながらの食生活を続けています。その一方で、実質、現在の人口の大部分は、1947年の東パキスタン独立によって流入したベンガル人難民で構成されています。

そのため、トリプラでは、ベンガルの影響で魚、米をよく食べます。一方、原住民たちは、ナガランドのように、豚肉や鶏肉、羊肉、牛肉のほか、カメやカエル、そして犬を珍味として食べるそう。また、たけのこやかぼちゃ、なす、とうもろこしも食べ、とうがらしやベルマという、干し魚を発酵させた調味料を常用しています。トリプラの伝統的な食事はムイ・ボロクといい、ごはんの外側にいくつかのおかずを並べるスタイルで知られています。

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、世界の料理レシピ・ミュージアム館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、レシピ開発のほか、在日大使館や大使公邸などでの料理人、料理講師として活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)
※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載はご遠慮ください。特に情報の無断での商用利用はくれぐれもしないでください。

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate

カスタム検索

国ごとの地方料理リスト

アーカイブ

  • RSS フェイスブック ツイッター