ナガランド料理

ナガランド

東南アジアに近い料理

インド北東部、ミャンマーと国境を接するナガランドは、昔ながらの独特の文化を守る少数民族の宝庫であり、ヒンドゥー教徒が大多数のインドでは異色の、(第二次世界大戦中の布教により増えた)キリスト教徒が人口の90%を占めるエキゾチックな州です。住民は東南アジアや中国南部に共通するモンゴロイド系が多く、日本人にもよく似ています。


↑パンチ・プーロン・タルカリ

当然、ナガランドは料理もインド圏とは一線を画していて、東南アジアに近く、当然ノン・ベジ。主食は米で、味噌のような調味料やスパイス、とうがらしを多用した辛い料理が特徴的です。市場には燻製肉や燻製魚、発酵タケノコ、アクソン(アクニ)という、ゆでて発酵させ干した大豆などが並び、肉は牛肉、豚肉のほか、犬や猫、クモ、野鳥、ヘビ、かつてはゾウまで食べていたといいます。

ナガランドの代表的な料理は、たけのこのフライ、ダックをローストしたプーラハー、かぼちゃやじゃがいも、とうがらし、スパイスを煮込んだパンチ・プーロン・タルカリなどです。

author

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載はご遠慮ください。特に情報の無断での商用利用はくれぐれもしないでください。

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate

カスタム検索

国ごとの地方料理リスト

アーカイブ

  • RSS フェイスブック ツイッター