チェッティナド料理

チェッティナド

スパイスの薫り高い辛い料理

南インドのタミル・ナドゥ州南部にあるチェッティナド地方の料理は、非菜食(ノンベジ)を中心に、インドの中でももっともスパイスの薫り高い料理だといわれています。コショウやアニス、フェンネル、シナモン、クミン、とうがらしなど多様で新鮮なスパイスを惜しげもなく使った辛い味付けで、乾燥した土壌を反映して、干し肉(鶏肉と羊肉のみ)や塩漬け野菜、また海でとれる魚介を食材にした料理が特徴的です。

主食は、米と、米粉や豆粉から作ったドーサ、イディヤッパン(麺のような料理)、イディリなど。また赤いもち米から作ったプディングのような主食は、ビルマからの交易の中で伝わったものといわれています。

author

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載はご遠慮ください。特に情報の無断での商用利用はくれぐれもしないでください。

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate

カスタム検索

国ごとの地方料理リスト

アーカイブ

  • RSS フェイスブック ツイッター